なぜリップルは米国にとどまっているのですか? CEOのブラッドガーリングハウスが説明します


アイテム画像

Alex Dovbnya

ある程度、リップルはすでに米国から移動している、とCEOのブラッドガーリングハウスは言います

米国証券取引委員会との継続的な法廷闘争とより広範な暗号通貨業界に対する規制の弾幕の中で、サンフランシスコにグローバル本社を置くというリップルの決定は、どれだけの危機に瀕しているのかを考えると眉をひそめるかもしれません。

アスペンインスティテュートの仮想フォーラムにビデオ会議アプリZoomで本日早く参加したCEOのBradGarlinghouseは、分散型元帳会社はすでにある程度、他の国でより多くの人を雇うことで米国から移動していると述べました。

それでも、最高経営責任者は、リップルはまだ米国をあきらめようとはしていないと主張しています。

私たちは完全に米国をあきらめるべきですか? 私はまだそこに行くつもりはありません。

ガーリングハウスは、暗号通貨規制に関しては、米国は「党に遅れている」と再び強調し、明確さの欠如を非難しました。

しかし、リップルはアメリカの会社なので、彼はアメリカが成功することを望んでいます。

可能性のある候補

2020年10月、SEC訴訟が発生する3か月も経たないうちに、リップルの共同創設者であるクリスラーセンは、本社を暗号通貨に優しい管轄区域に移転するという同社の計画を公表しました。 ガーリングハウスは後にそれらの意図を確認した。

日本での存在感が強いことから、昇る太陽の国がトップ候補として浮上しました。 リップルが11月に地域本部を開設した英国、スイス、シンガポール、アラブ首長国連邦も検討されていました。

ガーリングハウスは、アスペン研究所のフォーラムに出演した際に、これらの国々を再び選び出しました。

3月初旬、ラーセンはリップルが サンフランシスコに「コミット」、米国とのリップル別れの方法についての憶測を終わらせる

Share:

Share on facebook
Facebook
Share on twitter
Twitter
Share on pinterest
Pinterest
Share on linkedin
LinkedIn

Related Posts