より多くの企業がインフレ懸念を引用するにつれて、ビットコイン財務の採用の可能性

2021年第1四半期の決算発表で、47社以上が「インフレ」という用語を引用しています。

によると 報告書 月曜日の金融市場データプロバイダーFactSetによると、この数字は過去10年間でこれを行った企業の最大数を表しています。

4月の初め、米国労働統計局 リリース その「生産者物価指数」レポートは、PPIが前年比4.2%増加し、2011年9月以来最高であることを示しています。

連邦準備制度理事会のジェローム・パウエル議長は、現在のインフレと消費者物価指数は一時的なものに過ぎないと主張し続けていますが、企業はより大きな生産コストの負担を消費者に移すために動くだろうという反論があります。

一方、企業はまた、進行中のコロナウイルスのパンデミックの過程で米国経済に6兆ドル近くの刺激金が注ぎ込まれた後、米ドルの堕落から現金準備を保護する方法を模索している可能性があります。

2020年8月に、ビジネスインテリジェンスの衣装であるMicroStrategyは、 発表 その最初のビットコイン(BTC)購入。 マイケル・セイラーの会社 現在90,000以上のBTCを保持しています 資産は2020年8月以来ほぼ5倍に増加し、50億ドル以上の価値があります。

月曜日に、 テスラは2億7200万ドル相当のビットコインの売却を発表しました —同社の第1四半期の財務報告では、BTCの保有量の約10%—。 テスラの2021年第1四半期の決算発表によると、電子自動車メーカーは売却による純利益で1億100万ドルを獲得しました。

テスラは最初にそのBTC所有権を明らかにしました 2月に戻って、約15億ドル相当のビットコインを購入したことを発表しました。

インフレは少なくとも短期的には上昇軌道を続けると予想されるため、より多くの米国企業が 現金準備の一部をビットコインに変換する。 この可能性は 財務専門家による反対の議論 2月に戻った。

3月に、ソロスファンドマネジメントの最高投資責任者であるドーンフィッツパトリックは次のように述べています。 BTCはもはやフリンジ資産ではありませんでした 米ドルの堕落のため。