インドを拠点とする暗号交換CoinDCXはシリーズCの資金調達で9千万ドルを閉じる

インドを拠点とする暗号通貨取引所であるCoinDCXは、9千万ドルのシリーズCラウンドの終了を発表しました。

資金提供はBキャピタルグループ(元Facebookの共同創設者エドゥアルドサベリンによって設立された)によって主導されました。 プラス リピーター Coinbase Ventures、Polychain Capital、Block.one、JumpCapitalなどがあります。

資金調達の開発

資金提供により、CoinDCXは新しいビジネスイニシアチブを追求し、製品提供を強化し、改善します テクノロジーインフラストラクチャ、そしてその労働力を拡大します。

CoinDCXのその他の注目すべき計画には、ユーザーベースを拡大するためのパートナーシップ、研究開発(R&D)施設の設立、公の言説による政策対話の強化、政府との協力による導入が含まれます。 有利な規制 と教育支援プログラム。

「従来の資産スペースとデジタル資産スペースの両方で最大の機関支援者の支援を受けて。 最先端のイノベーションを備えた次世代製品を構築し、既存の製品配列を改善し、交換インフラストラクチャと製品チームを強化するための取り組みを倍増します。」
–CoinDCXの共同創設者兼CEOであるSumitGupta

Share:

Share on facebook
Facebook
Share on twitter
Twitter
Share on pinterest
Pinterest
Share on linkedin
LinkedIn

Related Posts

東カリブ海CBDCは別の2つの地域に拡大

東カリブ中央銀行(ECCB)は、12月7日にドミニカ連邦とイギリスの海外領土であるモントセラトにデジタル決済システムを展開し、8か国のうちアンギラだけを残しました。 ECCB 発売 「ECドル」中央銀行デジタル通貨(CB