クレディ・スイス、インスティネットはパクソス決済サービスを介して同日に株式を決済します

クレディ・スイスと野村が所有するブローカー・ディーラーのインスティネットは、パクソスのブロックチェーンベースの決済サービスを介して、同日決済サイクル(T + 0)で米国上場の株式取引を決済しました。

Paxosは火曜日にニュースを発表し、株式取引は1日の午前11時(東部標準時)と午後3時(東部標準時)に行われ、同じ日の午後4時30分(東部標準時)に決済されたと述べました。 レガシーシステムでは、取引が東部標準時午前11時より前に完了した場合にのみ、決済が同じ日に発生する可能性があるため、「ほとんど利用されない」とPaxos氏は述べています。

クレディ・スイスとインスティネットがパクソスと貿易和解に取り組んだのはこれが初めてではありません。 昨年、 デュオは落ち着きました Paxos Settlement Serviceが開始されたとき、米国上場の証券はライブ環境で初めて取引されました。

その決済は、標準のT +2決済時間枠で行われました。 同日決済は、プラットフォームの将来の機能を示しているとPaxos氏は述べています。

クレディ・スイスの分散型台帳戦略責任者であるエマニュエル・アイドゥー氏は、「これらの進歩は、より多くの企業がプラットフォームに参加するにつれて、最終的にはより広い市場に利益をもたらすだろう」と述べた。 「PaxosとInstinetと協力してこのテクノロジーを進歩させ、資本を解放し、流動性を高め、長期的にリスクを軽減できることをうれしく思います。」

Paxosは、米国証券取引委員会(SEC)のスタッフからの何の行動も起こさない救済の下で、昨年、プライベートな許可ベースのブロックチェーンに基づいて決済サービスを開始しました。 Paxosは本日、SECへの完全な清算機関の登録を申請し、今年中に登録を確保することを望んでいると述べました。

登録が許可された場合、Paxosは、T +2からT + 0までの決済サイクルに関して業界により大きな柔軟性を提供することを計画していると述べました。

関連資料