スイスのシグナム銀行がインターネットコンピュータトークンの保管を提供

スイスに本拠を置く暗号通貨銀行Sygnumは、インターネットコンピューター(ICP)ユーティリティトークンの保管および銀行サービスを開始しています。

シグナム 発表 火曜日、ICP保有者は、銀行の機関投資家向けの分離されたウォレットにトークンを預けることができるようになります。 同社は、ストレージを提供する最初の銀行であると述べました 取引をデビューさせたICPユーティリティトークン 5月11日。

ICPサポートの展開の第2フェーズでは、Sygnumは、スポット取引やオプション取引を含む、トークンの一連の銀行サービスを後日開始する予定です。 銀行はまた、将来的にICPにSygnum Lombardローンを提供し、クライアントがICPトークンの保有に対して流動性にアクセスできるようにすることを期待しています。

Sygnumは、ICPトークンの保管および取引サービスを提供するほかに、インターネットコンピューターネットワークを提唱するジュネーブを拠点とする独立したメンバー組織であるインターネットコンピューター協会のメンバーでもあります。

チューリッヒを拠点とする非営利の科学研究組織であるDfinityFoundationによって開発されたInternetComputerは、パブリックインターネットの機能を拡張するために設計された分散型ブロックチェーンプロジェクトです。 このプロジェクトは、特に、標準のインターネットプロトコルから、独自のICPプロトコルに基づく公的にアクセス可能なグローバルスーパーコンピューターに移行することを目的としています。

Sygnumの共同創設者兼取締役であるManuelKrieger氏は、「インターネットコンピュータの分散型でオープンな性質が、インターネットサービス、ソフトウェアプラットフォーム、ユーザーエクスペリエンス全体に革新の波を引き起こすと信じています」と述べています。

このニュースは、ICPトークンがCoinbase Pro、Binance、Huobi、OKExなどの主要なグローバル取引所で取引を開始してから1週間後に届きます。 5年間の開発の後、ICPトークンは、取引デビュー直後に放物線状のスパイクが見られ、 時価総額で4番目に大きい暗号通貨 5月12日、Binance取引所での価格は3,093ドルに達しました。

ICPトークンは、取引開始以来、市場価値の60%以上を失い、 取引 執筆時点で196ドル。 CoinMarketCapのデータによると、ICPは現在時価総額で9番目に大きい暗号通貨である240億ドルです。

7日間のICP価格チャート。 ソース: CoinMarketCap

Share:

Share on facebook
Facebook
Share on twitter
Twitter
Share on pinterest
Pinterest
Share on linkedin
LinkedIn

Related Posts

2021年に暗号波に乗った有名人

過去数年間の栄光を覆い隠していた暗号エコシステムは、2021年を通して1年間のスポットライトを維持することができました。 主流の採用 ビットコインのBTC)、ミームコイン狂乱 駆動 柴犬(SHIB)とドージコイン(ドージ