セブンイレブンのブランチワーカーが暗号通貨の詐欺師を阻止

セブンイレブンのブランチワーカーが暗号通貨詐欺師を阻止101
出典:ナハ警察

2つの別々の暗号詐欺を阻止したコンビニエンスストアの運営者と労働者は、日本の警察から特別賞を授与されました。

によると 沖縄県那覇市の琉球新報は、54歳の藤原勝也さんと51歳の妻、セブン-イレブンの共同経営者である清美さんに特別な感謝の手紙を贈った。

役員は記者団に、今年5月23日、明らかに「急いで」年配の女性が来店し、約920米ドル相当の暗号通貨を緊急に転送する必要があると述べた。 清美容疑者は、何かがおかしいと感じ、夫が警察に電話して詐欺の疑いを報告している間、暗号通貨の転送を控えるように顧客に求めたと伝えられています。

6月2日、役員は続けて、「60代の男性」が那覇のファミリーマートの支店にやって来て、プリペイド暗号カードの購入方法を店員に尋ね、その後トークンを現金に交換する必要があると言われたと主張した。彼は320万米ドル相当の贈り物を受け取ったと言われました。

店長の村松鈴子さん(25)は、詐欺事件が起きていることにすぐに気づき、ナハにある警察署に連絡を取りました。

藤原氏は、公認は不要であり、単に「明白なことをした」と述べたと伝えられた。 一方、松村は次のように述べています。

「これからもこの地域の人々の安全に貢献し、店員とともに警察と協力していきたいと思います。」

トリオは写真撮影のために将校とポーズをとり、そこで彼らは公式に額入りの感謝状を手渡されました。

暗号関連の詐欺事件は最近日本で増加しており、中高年の市民が洗練された詐欺の犠牲者になっていると言われています。 50代後半から60代前半の個人の首謀者
____
もっと詳しく知る:
疑わしい3億3000万米ドルの暗号詐欺師:私を解放し、投資家に返金します
暗号詐欺師は今、獲物のためのTheTinderのような出会い系アプリをストーカーしています
銀行マネージャーのガットフィーリングは、彼女の暗号詐欺師を阻止するのに役立ちます

Share:

Share on facebook
Facebook
Share on twitter
Twitter
Share on pinterest
Pinterest
Share on linkedin
LinkedIn

Related Posts