ドイツの貿易共和国は、セコイアが主導する9億ドルの投資を上陸させます

最近暗号取引に進出したベルリンを拠点とするネオブローカー貿易共和国は、セコイアが主導するシリーズCラウンドで9億ドルを調達しました。

この資金調達により、Trade Republicの評価額は50億ドルを超え、ヨーロッパで最も価値のあるフィンテック企業の1つになりました。

TCVとThriveCapitalも、既存の支援者であるAccel、Founders Fund、Creandum、Project Aとともに、スタートアップの新規投資家としてこのラウンドに参加しました。

2015年に開始されたTradeRepublicのコアオファリングは、ETFと分数株の取引プラットフォームです。 スタートアップ 暗号取引に拡大 4月下旬に より広いプッシュ 暗号通貨セクターへのネオブローカーの間で。

「貿易共和国では、誰もが経済成長に参加する権利を持っているべきだと私たちは信じています。 これには、誰もが利用できる、使いやすく、アクセスしやすく、手頃な価格の貯蓄プラットフォームが必要です」と、トレードリパブリックの共同創設者兼CEOのクリスチャンヘッカーは声明で述べています。

同社は現在、ビットコイン、イーサリアム、ライトコイン、ビットコインキャッシュの取引を提供しており、ローンチ時に、サードパーティの執行をカバーするために1ユーロの定額料金を請求すると述べました。

シリコンバレーを拠点とするセコイアは、ラウンドを主導し、ヨーロッパでクラルナやストライプなどを支援してきましたが、ヨーロッパに最初のオフィスを開設しました 昨年末 地域への投資を増やすために雇用を続けています。

TradeRepublicの共同創設者の1人であるThomasPischkeは声明の中で、プラットフォームの顧客の半数(50万人以上)がこれまで資本市場に投資したことがないと述べた。

「私たちは人々に、高額の手数料と不透明な商品で、長い間大手銀行に無視されてきた富の創造から始めることを可能にします」と彼は付け加えました。

Trade Republicは現在、60億ユーロを超える運用資産を保有しています。