ドイツ取引所は、不動産、NFTアートなどの市場に1,000万ユーロを投資しています

ドイツの証券取引所オペレーターであるドイツ取引所と貸し手であるコメルツ銀行は、デジタル資産市場の創出を目的とした360Xという名前の新しいフィンテック企業に投資しました。

ドイツ取引所のスポークスパーソンによると、ドイツ取引所は360Xの持ち株会社に50%近くの株式に1,000万ユーロを投資しましたが、コメルツ銀行は2桁の株式を大幅に低く保有しています。 会社の残りの株式は、創設者と個人投資家が保有しています。

360Xは当初、アートと不動産への投資のサポートに重点を置き、各資産クラスでのデビュー取引は今年後半に予定されています。 今後、さらに資産クラスが追加される予定です。

ドイツ取引所のスポークスパーソンは、既存の資産のために新しい市場とエコシステムを構築する360Xの戦略の一環として、「非代替トークン(NFT)の取引をサポートすることを目的としています」とTheBlockに語った。

360Xの創設者兼CEOであるCarloKölzerは声明の中で、アートと不動産は歴史的に非流動的な投資市場であることが証明されているために選ばれたと述べました。

「私たちのモットーは、「物事を投資可能にする-資産クラスと資本市場の間のギャップを埋める」ことです。 私たちは、デジタル市場にまだ存在していない資産のための透明で流動的な取引場所を作成します」と彼は言いました。

Kölzerと彼の同僚は、2000年にフランクフルトに電子外国為替取引プラットフォームである360Tという名前の別の会社を設立しました。

ドイツ取引所とコメルツ銀行は、2019年に分散型元帳技術の共同取引を初めて実行して以来、ブロックチェーン技術の実験を行ってきました。

関連資料