ハードウェアウォレットを使用するのは難しいですか?

以下のテキストは、Cryptonews.comのジャーナリストによって書かれたものではない記事広告の記事です。

ハードウェアウォレットを使用するのは難しいですか?  101

ハードウェアウォレットを入手すると、ビットコインが簡単になります

前回ビットコインを購入したときのことを思い出してください。 購入を完了しましたか、それとも誰が​​鍵を持っているのかわからないまま、コインを交換ウォレットに残しましたか? 数か月ごとに、誰かが目を覚まして、使用していた取引所が危険にさらされていることに気づき、毎年数十億ドルが犯罪者に支払われています。

暗号通貨は他のデジタル資産とは異なります。 それらは完全に信頼できないので、銀行が法定紙幣を確保するのと同じように確保することはできません。 代わりに、彼らは自分のコインを単独で管理し、それらを使用できる唯一のユーザーであることに依存しています。 これは多くのあまり技術的でない投資家に求めることはたくさんありますが、一部の愛好家は、誰もが安全に暗号を長期間購入して保管することを容易にするために何年も費やしてきました。

暗号通貨を保護するために何ができますか?

真実は、ユーザーの直接の制御下にない暗号通貨は瞬時に消えることができるということです。 そこで、ハードウェアウォレットが登場します。A 安全 誰もキーをコピーできないようにキーを永続的にオフラインに保ち、署名したトランザクションの真の詳細を常に表示することで、コインを物理的に制御します。

暗号通貨の投資家は、デジタル資産には従来の信頼ベースの金融よりも包括的なセキュリティソリューションが必要であることを理解する必要があります。 キーを安全にオフラインで作成する物理的なウォレットを入手することは、誰もが行う最初のステップですが、銀行で口座を開設することに慣れていて、その機関に応じて行動する投資家は、取引所またはモバイルウォレットで十分であると考えられることがよくあります彼らの富の管理人として。

暗号通貨の最も良い点は、誰かを信頼する必要がないことです。 あなたが住所の鍵を所有している場合、そこに送られるコインはあなたのものであり、他の誰もそれについて知る必要はありません。 暗号ユーザーが取引所やサードパーティを信頼する場合、スペースは銀行に比べてまだ緩く規制されているため、彼らは異常に高い損失のリスクにさらされます。 お金を失うのは難しいので、ハードウェアウォレットを使用すると、デジタル資産を簡単に保管でき、秘密鍵を完全に制御し、ユーザーのプライバシーを常に保護できます。

ハードウェアウォレットは、あらゆる規模の投資に見合う価値があります

昨年、ビットコインへの200ドルのフィーラー投資は1000ドルを超えていたでしょう。 現在の上昇傾向は、数年で数十万ドルという信じられないほどの長期予測を生み出しており、今からそれまでの間に、簡単に回避できるハッキングや損失がさらに増えることは間違いありません。 それを一番上に見たい人は、ハードウェアウォレットを手に入れるのが良いでしょう。

最初のハードウェアウォレットを発明したSatoshiLabsのようなウォレットメーカーは、便利な機能を直接統合することでビットコインを使いやすくしています。 Vault Suite 誰もがシングルクリックでそれらを使用できるようにインターフェイス。 これは、ビットコインを安全に購入することを容易にする新しい会社と一緒に来ます。 招待状、暗号を購入および交換するためのサービスは、投資を容易にするために多くの異なる信頼できる取引所の選択肢を提供します スイート リスクにさらされることなく。

招待状、ユーザーはすでに取引所間でオファーを比較し、自分に最も適した価格と支払い方法を選択できます。 間もなく、DCA(ドルコスト平均法)への投資も可能になり、チャートをたどったり、エントリーの時間を計ったりすることなく、ビットコインを着実に購入することがこれまでになく簡単になります。 すべてのコインはウォレットに直接送られるため、すぐに安全に保管されます。

ハードウェアウォレットはビットコインと一緒に成長しました

最初のビットコインハードウェアウォレット、 Vaultモデル1は、ネットワークとしてのビットコインの特定の問題に対処するために構築されました。 ユーザーの鍵が漏洩したり監視されたりする可能性があり、手遅れになるまでユーザーはそれを知りませんでした。 キーの生成とオフラインでの署名によって問題が解決し、シンプルなインターフェイスでユーザーが安全にお金を管理できるようになりました。

ビットコインは絶えず進化し、それを維持し、それが最良のお金の形であることを気にかけているコミュニティのおかげで、ますます良くなっています。 のような主要なオープンソース貢献者 安全 ビットコインの使用方法の基準を設定するのに役立ちます。 最終的な目標は、実際のユーザーのニーズをビットコインが世界でどのように実装されているかに結び付けることです。

これは、開発中に行われたBIP-39の改善によって最も明確に示されています。 Vaultモデル1 それ以来、シードフレーズまたはニーモニックとして知られるこの広範な標準は、市場に出回っているほとんどのウォレットやアプリに実装されています。

標準を改善し、Shamirバックアップと呼ばれる盗難防止バージョンが VaultモデルT、長期保管のためのより堅牢なソリューションを革新します。 これにより、セキュリティを損なうことなく、一部が盗まれたり破壊されたりした場合でもウォレットを復元できる多数の共有が作成されます。

個人データを保護してデジタル資産を保護する

個人を特定できる情報をインターネット上で放送する必要はありません。 プライバシーオタクにとって、Torは日常の必需品であり、安全なブラウジングの基盤です。 しかし、ほとんどの人は、IPアドレスを保護することがいかに重要であるかを理解していないか、使用するには複雑すぎると感じています。 Vault Suite ユーザーがワンクリックでTorを介して接続をマスクできるようにします。

プライバシーは、SatoshiLabsが平均的なユーザーにもたらしている3つの柱の1つです。 より高度なプライバシー機能がパッケージ化されています Vault Suite、それは、暗号通貨をカジュアルに使用するときに、一定の信頼できるプライバシー、使いやすさ、およびセキュリティを利用するのに最適な場所です。

エコシステム全体で相互互換性を推進する

一般的に暗号通貨の使いやすさは、ハードウェアウォレットによって促進されてきました。 スタックしたトランザクションを修正するためのreplace-by-fee(RBF)のような複雑ですが本当に便利な機能は今や些細な問題であり、メタマスクのような多くのサードパーティアプリに統合されているため、 安全 DeFiステーキングやNFTアプリなどのより実験的なプロジェクトで使用されるキーを保護するため。

そのすべての最前線はセキュリティであり、エコシステム全体で相互互換性を保つために、ハードウェアウォレットはセキュリティがどのように達成されるかについて透過的でなければなりません。 誰でも構築できます 安全 使用されるセキュリティ方法は完全に自明であるため、既製の部品から、顧客と同じセキュリティ上の利点を享受できます。 セキュリティの主張を信頼するよりも、ウォレットが安全であることを確認することをお勧めします。これは、クローズドソースのセキュリティチップを使用するデバイスでは実行できません。

数十億ドルのエクスプロイトの報奨金よりもセキュリティを達成するためのより良い方法はありません。また、数学がそのような試みを無駄にするため、オープンソースハードウェアウォレットを解読してキーを盗むことに成功した人は誰もいません。 この実績と広範な統合により、 安全 コア暗号通貨コミュニティの間で非常に成功しています。

ビットコイン業者によってビットコインのために構築されたビジネスは、ビットコインのオープンソースの分散型哲学と深く絡み合っています。 保管資産を信頼する場所はありません。安全であることを確認できるか、できないかのどちらかです。 のような会社によって作られたソフトウェアとハ​​ードウェア 安全 世界に対して完全に透過的であり、可能な限り使いやすいように洗練されており、全面的に互換性があるため、初日から暗号通貨の完璧なコンパニオンになります。

Share:

Share on facebook
Facebook
Share on twitter
Twitter
Share on pinterest
Pinterest
Share on linkedin
LinkedIn

Related Posts

2021年に暗号波に乗った有名人

過去数年間の栄光を覆い隠していた暗号エコシステムは、2021年を通して1年間のスポットライトを維持することができました。 主流の採用 ビットコインのBTC)、ミームコイン狂乱 駆動 柴犬(SHIB)とドージコイン(ドージ