バンクオブアメリカとパクソスのパートナーシップにより、同日取引の決済が可能になります

現在、米国で2番目に大きい銀行は、株式取引の決済にブロックチェーンテクノロジーを使用していると報告されています。

月曜日のブルームバーグのレポートによると、バンクオブアメリカは 参加しました Paxos Settlement Serviceは、ブロックチェーンテクノロジーを使用して株式取引を当日決済できるプラットフォームです。 資金調達および清算の責任者であるケビン・マッカーシーは、銀行は「過去数か月間内部取引を行っており」、清算機関としての承認を受けてバンク・オブ・アメリカの顧客にサービスを提供すると述べた。

この動きにより、バンクオブアメリカが直接参加しているDepository Trust&Clearing Corporation(DTCC)と比較して、「より柔軟で迅速な」株式決済システムが可能になると報告されています。 DTCCの決済時間は約2日ですが、Paxosのサービスでは一部の株式取引を数分で決済できます。

「T + 0までの決済サイクルを決定できます」とマッカーシー氏は述べています。 「その後、一晩で投稿しなければならない担保を解放することができます。 […] このビジネスの総資産利益率は改善されるでしょうが、これは課題でした。」

Paxosが正式に 決済サービスを開始 米国証券取引委員会からノーアクション救済を受けた後の2019年の株式取引。 チューリッヒに本拠を置く金融機関であるクレディ・スイスと野村ホールディングスのトレーディング部門であるインスティネットがパイロットに参加し、同日、米国上場株式取引を決済しました。

安定したコインオペレーターは4月にそれが持っていたと発表しました 清算機関免許を申請 SECと。 Paxosも最近 3億ドルの資金調達ラウンドを完了、その評価額は24億ドルになりました。