ビットコインETFの申請者であるValkyrieがシリーズAの資金調達で1,000万ドルを調達

最近ビットコイン上場投資信託(ETF)を申請した暗号資産マネージャーのValkyrie Investmentsは、シリーズAの資金調達ラウンドで1,000万ドルを調達しました。

ヴァルキリー氏によると、このラウンドには主要な投資家はいなかったが、プリセプト・キャピタル・マネジメント、10Xキャピタル、UTXOマネジメント、トロンの創設者ジャスティン・サン、ライトコインの創設者チャーリー・リーなど、いくつかのベンチャーファンドとエンジェル投資家に支えられた。

テネシー州ナッシュビルに本拠を置くヴァルキリーは、新たな資本を手に入れ、チームを拡大し、アジアでの存在感を高め、製品と流通ラインを強化する計画だと、CEOのリア・ワルドはブロックに語った。 ヴァルキリーの現在の人員は14人で、研究、取引、コンプライアンス、マーケティング、販売の各部門でスタッフを雇用することを検討しているとWald氏は述べています。

Wald氏は、製品ラインの拡大に関して、Valkyrieは、より多くのデジタル資産信託製品とETF、および少数の専門的なヘッジファンド戦略を立ち上げる予定であると述べました。 同社は現在、ビットコインとポルカドットの信託を提供しています。 その製品は、世界最大の暗号資産マネージャーであるグレースケールと比較することができます。 310億ドル以上あります 総運用資産(AUM)に相当します。

ただし、ValkyrieのAUMは公開されていません。 同社は連絡を受けた際にコメントを控えたが、「かなりの流入があった」と述べた。 ヴァルキリーの競争力とは何かと尋ねられたとき、ウォルド氏は、同社のチームは、UBSやグッゲンハイムパートナーズなどの企業からの従来の資産管理において40年以上の経験を兼ね備えていると述べました。

ヴァルキリーは4月にビットコインETFを申請しましたが、米国証券取引委員会(SEC) 延期 8月までのファンドの決定。 Waldによれば、SECは「主に市場操作と価格設定/ボリュームデータの信頼性に関心を持っています」。

現在、SECの審査下にある合計8つのビットコインETFアプリケーションがあり、規制当局はまだ1つを承認していません。 SECが今年中にビットコインETFを承認するかどうかを尋ねられたウォルド氏は、投資ビークルを承認する規制当局の意欲にタイムラインを置くことを躊躇すると述べた。

シリーズAは、これまでのヴァルキリーの総資金を1,220万ドルにします。 Wald氏によると、同社は以前、シード資金調達ラウンドで110万ドル、戦略的資金調達でXBTOから100万ドルを調達しました。

©2021The Block Crypto、Inc。無断複写・転載を禁じます。 この記事は情報提供のみを目的としています。 法律、税務、投資、財務、またはその他のアドバイスとして提供または使用することを意図したものではありません。