フィデリティはマラソンデジタルホールディングスの7.4%の株式を2,000万ドルで購入

多国籍金融サービス会社であるフィデリティインベストメンツは、北米の大手鉱業会社であるマラソンデジタルホールディングスの7.4%の株式の購入を発表しました。

マラソンは現在19,000人の鉱山労働者を運営しており、今後12か月でさらに100,000台の機械が配備される予定です。 4.9兆ドルの運用資産を持つフィデリティは、世界最大の金融サービス会社の1つであり、世界中で3,500万を超えるクライアントにサービスを提供してきました。

NS 与えるlは7月22日に2,000万ドルで確定し、株式は4つのインデックスベースのファンド(Fidelity Extended Market Index Fund(FSMAX)、Fidelity Nasdaq Composite Index Fund(FNCFX)、Fidelity Total Market Index Fund(FSKAX))に分散されるように設定されました。およびフィデリティシリーズトータルマーケットインデックスファンド(FCFMX)。

この購入により、Fidelityは、それぞれマラソンの7.58%、2.7%、1.59%を所有するVanguard Group、Susquehanna、Blackrockなどと並んでいます。

鉱業株の株式は、ビットコイン市場を追跡する傾向があることで人気を得ています 誇張されたボラティリティ。 BTCは2021年の開始以来約240%増加していますが、マラソンのシェアは同期間に660%増加しています。

マラソンは、Etf.comとともに、機関投資家の間で人気のある株式です。 見積もり その18の上場投資信託(ETF)は、フィデリティを除いて、現在MARAを保有しています。

インタビューの中で、MarathonのCEOであるFred Thielは、彼の会社が組織的に受け入れられるようになったことを祝い、次のように述べています。

「過去2四半期は素晴らしかったです [in] 私たちの株でどれだけの機関所有権が成長したか。」

Thielは、Marathonが成長に重点を置いていることを強調しました。同社は、ホスティングおよび電力設備を完全に目的とするのではなく、パートナー契約を結ぶことを選択しました。これにより、Marathonは、マイニングハードウェアを展開するためにリソースを動員することに集中できます。

関連している: マラソンはさらに30,000人のビットコインマイナーを購入し、13.3 EH / sのハッシュパワーを目標としています

8月3日、会社 発表 マラソンが1660万ドル相当の442.2BTCを採掘したことで、ビットコインの生産量は前月比で66%増加しました。 同社のビットコイン保有総額は現在、1月に購入した4,812.66BTCマラソンを含む2億4500万ドル相当の6,225.6BTCにあります。

毎月の鉱業収入の大幅な増加は、中国による最近のセクターの取り締まりが原因である可能性があります。ビットコインのネットワークハッシュレートの削減 鉱山労働者として パワーダウン そして海外への移住の準備ができました。