フィデリティロビーSECがプライベートミーティングでビットコインETFを承認する

多国籍金融サービス会社のフィデリティインベストメンツは、米国証券取引委員会にビットコイン上場投資信託(EFT)の承認を求めています。

9月8日に、Fidelity DigitalAssetsの社長であるTomJessop、同社の幹部6人、およびSEC関係者数名の間でプライベートミーティングが開催されました。 財務担当役員は、規制当局が投資商品を承認すべき理由をいくつか説明しました。 これらには、デジタル資産および関連製品の需要の増加、他の国での同様のファンドの普及、およびビットコインの採用の増加が含まれます。

忠実度 プレゼンテーション ビットコイン製品の利点を概説する会議から、世界の先進市場規制当局は、カナダ、ドイツ、スイス、スウェーデンでビットコイン上場取引型金融商品(ETP)を承認したと述べました。

に応答して SEC議長のGaryGenslerのコメント フィデリティは先月、BTC先物商品のみをレビューする可能性について、市場が成熟しているため、証券取引所が商品を上場することを許可する、または先物のみの商品を許可する1933年の法律を厳格に遵守する必要はないと主張した。

1929年の株式市場の暴落に続いて1933年証券法が可決され、不実表示や不正行為から法律を制定して投資家を保護しました。 フィデリティは、これらの法律が厳しすぎて、市場がより透明で確立されていると信じています。

「ビットコイン先物ベースの商品は、ビットコインETPの前に必要な暫定的なステップではないと考えています。 企業はビットコインへの直接エクスポージャーに対する投資家の需要を満たすことができるはずです […] ビットコイン市場が成熟し、ETPをサポートできるため、ETPを通じて。」

また、市場はすでに「かなりの規模」に達しており、SEC独自の基準で定義されているように流動性が高いと主張しました。

2021年3月にワイズオリジンビットコイントラストと呼ばれるビットコイン上場取引型商品をフィデリティが申請し、 それ以来、他の企業から20以上の同様の申請が行われています。、それでも規制当局は先延ばしを続けています。

ビットワイズビットコイン戦略ETFは、SECの延長するアプリケーションキューに提出される最新のものです。 ファイリング 9月14日。

関連している: フィデリティの暗号の野心は予想よりも大きい

Fidelity Digital Assetsは、規制上の官僚的形式主義にもかかわらず、事業を拡大し続けています。 同社は、暗号資産の従業員数を年末までに最大70%増やすことを計画しています。 ブルームバーグ

SECは独自の無気力なペースで物事を行っており、 遅らせた VanEckが提案したビットコイントラストETFは、フィデリティとの会議と同じ日に今年3回目となり、決定日は11月14日まで延期されました。

Share:

Share on facebook
Facebook
Share on twitter
Twitter
Share on pinterest
Pinterest
Share on linkedin
LinkedIn

Related Posts

AnimocaBrandsのYatSiuへの6つの質問– Cointelegraph Magazine

私たちは、ブロックチェーンと暗号通貨セクターのビルダーに業界についての考えを尋ねます…そして私たちは彼らをつま先に保つためにいくつかのランダムなジンジャーを投入します! 今週は、6つの質問が共同創設者のYat