ブレバンハワードの56億ドルのヘッジファンドが暗号通貨に参入


アイテム画像

Alex Dovbnya

ブレバンハワードの最大のヘッジファンドは、その資産の1.5パーセントを暗号通貨に入れます

ブレバンハワードマスターファンド200億ドルの資産運用会社BrevanHowardのメインヘッジファンドは、暗号通貨の購入を開始します、 ブルームバーグのレポート

伝えられるところによると、ヘッジファンドは56億ドルの資金プールの1.6%を投資し、ビットコインだけがそのレーダーの暗号通貨ではありません。

ジャージーを拠点とする会社が暗号通貨に移行しているという事実は驚くべきことではありません。 なので U.Todayによる報告、ブレバンハワードの共同創設者であるアランハワードは、現在10億ドル以上のビットコインとイーサリアムを所有しているボラティリティに焦点を当てたヘッジファンドOne River AssetManagementへの投資家です。

英国の億万長者はまた、昨年3月に発表された暗号通貨カストディアンKomainuの2500万ドルのシリーズA資金調達ラウンドを主導しました。

その上、ハワードはヨーロッパのデジタル資産マネージャーCoinSharesの最大の株主の1人です。

Share:

Share on facebook
Facebook
Share on twitter
Twitter
Share on pinterest
Pinterest
Share on linkedin
LinkedIn

Related Posts

2021年に暗号波に乗った有名人

過去数年間の栄光を覆い隠していた暗号エコシステムは、2021年を通して1年間のスポットライトを維持することができました。 主流の採用 ビットコインのBTC)、ミームコイン狂乱 駆動 柴犬(SHIB)とドージコイン(ドージ