ポルカドットエコシステムのインデックスプロトコルであるSubQueryは、900万ドルを調達します

PolkadotおよびKusamaエコシステムのデータインデックスプロトコルであるSubQueryNetworkは、新しい資金調達ラウンドで900万ドルを調達しました。

これはシリーズAラウンドであり、将来のトークン(SAFT)の販売に関する単純な合意によって確保された、とSubQueryのCEOであるSamZouはTheBlockに語った。 Digital Currency Group、Arrington Capital、Stratos Technologiesが共同でラウンドを主導し、Hypersphere Ventures、NGC Ventures、Wintermute、SkynetTradingも参加しました。

新たな資本が手元にあるため、SubQueryはネットワークを分散化し、来年初めまでにトークンをリリースする予定だとZou氏は述べています。 SubQueryは、SolanaやTerraなど、より多くのレイヤー1ブロックチェーンもサポートする予定です。

SubQueryは現在、PolkadotとKusamaのパラチェーンとアプリケーションをサポートしています。つまり、ブロックチェーンデータをクエリしてそれらのアプリケーションを構築するのに役立ちます。 SubQueryによると、カスタムデータ処理サーバーが不要になり、開発者は独自のクエリシステムを構築するのではなく、製品開発とユーザーエクスペリエンスに集中できます。

このプロジェクトは、イーサリアムエコシステムのグラフに似ていると見なすことができますが、まだ分散化されていません。 SubQueryは現在マネージドサービスを提供しており、AcalaやMoonbeamを含む60を超えるプロジェクトがそのサービスを使用していると述べています。

「SubQueryはPolkadotスタックの重要な部分であり、主要なPolkadotプロジェクトとの深い関係がそれを証明しています」とDigital CurrencyGroupの投資ディレクターであるMattBeckは述べています。 「ポルカドットエコシステムへの積極的な投資家として、私たちはチームの仕事に対する情熱、知識、献身に感銘を受け、彼らを支援することに非常に興奮しています。」

現在SubQueryで働いているのは15人で、プロジェクトでは近い将来、エンジニアを中心にさらに多くの人を雇う予定だとZou氏は述べています。 SubQueryのスタッフのほとんどはニュージーランドのオークランドに拠点を置いているとZou氏は述べています。

シリーズAラウンドでは、これまでのSubQueryの総資金は1,080万ドルになります。 今年の初め、プロジェクト 上げた DeFi Alliance、D1 Ventures、Hypersphere Ventures、Digital Finance Group、TheLaoが支援するシード資金調達ラウンドで180万ドル。

©2021The Block Crypto、Inc。無断複写・転載を禁じます。 この記事は情報提供のみを目的としています。 法律、税務、投資、財務、またはその他のアドバイスとして提供または使用することを意図したものではありません。