ポーランドはユーロ圏に参加するか、独自のCBDCを発行する必要があります

ポーランドはユーロ圏に参加するか、独自のCBDCを発行する必要があります-証券取引所CEO 101
出典:iStock / darrro

ポーランドの金融政策を自由に実施する能力を維持するために、国の当局は、ユーロ圏に参加するか、中央銀行のデジタル通貨を立ち上げるかを選択する必要があります(CBDC)、国営のCEO、マレク・ディートルによると ワルシャワ証券取引所 (WSE)。

NS ポーランド国立銀行 (NBP)は、国の金銭的主権を維持するためにデジタルズウォティを発行することを余儀なくされる可能性があります。 によると ディーテルによる最近の分析に。

ポーランドは欧州連合の加盟国ですが、まだユーロ圏の加盟国ではなく、ズウォティはまだ為替相場メカニズムの範囲内にありません。 あたり NS 欧州委員会 ウェブサイト、「ポーランドにはユーロを採用する目標日はありませんが、できるだけ早く採用することを目指しています。」

ディーテルは、ポーランドが近い将来、欧州連合加盟国19か国を含むユーロ圏に加盟しない場合、「数年以内に、グローバル金融システムのアーキテクチャは、おそらくデジタル通貨(ドル、ユーロ、円)によって決定されます。」

「この新しいモデルでは、従来の法定通貨とデジタル通貨は並行して機能し、 [Polish] 中央銀行は、基本政策と金融政策を完全に管理することができ、ズロティを守るだけでなく、その拡大のための条件を作り出すこともできた」とディーテル氏は述べた。

国の保守的なシンクタンクによって公開された分析では ジャギエロニアン研究所、CEO ビルド 5月のパネルディスカッションでの彼の以前の発言について。

「デジタルズウォティを導入しなければ、それが必要かどうかにかかわらず、使いやすく流動性が高いため、デジタルの元、ドル、またはユーロを使用することになります」と彼は言いました。

デジタルズウォティは、ポーランドの消費者に幅広いメリットをもたらし、金融市場のさまざまなセグメントへのアクセスを民主化する可能性があるとディーテル氏は主張し、「このようなデジタル通貨は、ますます効率的な安全対策が存在するため、ますます避けられない」と付け加えた。それらを上書きしたい人もいるでしょうが」。

とはいえ、ポーランドの中央銀行の現在のリーダーシップは、CBDCを発行することにほとんど熱意を示していません。

NBPの取締役会のメンバーであるMartaGajęckaは、同じ討論の中で、銀行はデジタルズウォティプロジェクトに取り組んでいないが、地域全体の同業者によるそのような努力を観察していると述べた。

「デジタル通貨は、安全で信頼性の高いシステムに関連している必要があります。 現在、100%の安全性を保証するシステムは世界にありません」と彼女は言いました。

____

もっと詳しく知る:
CBDC:問題を探すための解決策?
ECBが2年間の調査とビットコインバッシングでデジタルユーロプロジェクトを開始

サムスンは韓国のCBDCのオフライン支払いを試すために「カカオに参加する」
中国はデジタル元のオリンピックブロックを要求した上院議員にぶつかる

ポーランドの議員が暗号通貨会社の銀行口座について財務省に圧力をかける
欧州委員会が暗号通貨KYCトラップをつぶやくので「落ち着かないでください」

Share:

Share on facebook
Facebook
Share on twitter
Twitter
Share on pinterest
Pinterest
Share on linkedin
LinkedIn

Related Posts