リップルのXRP売上高は、SEC訴訟にもかかわらず、2021年第1四半期にほぼ100%増加しました。

リップルは、米国証券取引委員会(SEC)との法廷闘争が続いているにもかかわらず、2021年の第1四半期のXRP売上高がほぼ100%増加したと報告しています。

リップルの XRP販売 2020年第4四半期の7,600万ドルと比較して、2021年第1四半期には1億5,000万ドルに達し、97%増加しました。 リップルは、オンデマンド流動性(ODL)サービスが急増に貢献したと述べた。 ODLは、リップルクライアントが事前に資金を提供することなくXRPを介して国境を越えた支払いを決済するのに役立ちます。

リップルは、第1四半期に「主要なODL顧客からのより深い関与」が見られたと述べました。 1年以上の間、リップルはXRPをプログラムで、つまり暗号通貨取引所に販売していません。

XRPの売り上げの急増は、リップルがSECとの法廷闘争を続けているにもかかわらず起こります。 昨年12月、代理店 リップルを訴えた また、その幹部の2人(CEOのBradGarlinghouseと会長のChrisLarsen)は、未登録の証券であるXRPを販売して13億ドル以上を違法に調達したと主張しています。

Rippleは自らを弁護しており、訴訟はXRPとXRP Ledgerを使用および依存している米国のXRP保有者、開発者、および中小企業に「大混乱」を引き起こしたと述べています。

関連資料