リップルは15のオフショア取引所から文書を求め、SECの告発に「致命的」である可能性があると述べた

リップルのCEOブラッド・ガーリングハウスと共同創設者のクリス・ラーセンは、米国証券取引委員会にビットフィネックスの親会社であるiFinexと他の14の仮想通貨取引所を調査するよう求める動議を提出した。

6月2日 モーション iFinex、Bitforex、Bithumb、Bitlish、BitMart、AscendEX (以前の Bitmax)、Bitrue Singapore、Bitstamp、Coinbene、HitBTC、Huobi Global、Korbit、OKEx、Upbit Singapore、ZB Network Technology などの取引所からドキュメントを要求

モーションのサポート メモ ケイマン諸島、香港、韓国、英国、シンガポール、セイシェル、マルタの当局からの支援を求める要請書には注意が必要です。

リップルに対するSECの修正された訴状は、ガーリングハウスとラーセンが20億ユニット以上のXRPを「世界中」にある「一般投資家」に売却​​したと非難し、SECはリップルの幹部からの売却に基づいて不正を求めている.

リップル社の経営陣は、1933 年証券法第 5 条に違反したという SEC の主張を否定し、第 5 条は登録届出書のない証券の国内販売を特に禁止していることを強調している。 Garlinghouse と Larsen の法定代理人は、XRP の販売が外国為替で行われたため、SEC の管轄外であると反論しています。

「そのような外国の取引プラットフォームで行われた取引の場合、XRPのオファーとXRPの販売の両方が、それぞれのプラットフォームの帳簿と記録上で発生したため、地理的には米国外でした。 SEC が国内のオファーと販売を主張しなかったことは、SEC の主張にとって致命的であるはずです。」

リップルは、その新しい動きの対象となる取引所および関連事業体が、「独自の文書と情報を所有している」と主張しています。 リップル社とSECの法廷闘争、具体的には、「外国のデジタル資産取引プラットフォームで個人被告が行ったとされるXRPの取引が行われたプロセス」に関するものです。

証券取引委員会 2月にリップルと会社の幹部に対する苦情を修正、XRPの販売が暗号資産の価格を抑制したと主張しました。 訴状はまた、GarlinghouseとLarsenが数十億ドル相当のXRPをオフロードしながら、誤解を招く一般投資家を非難している.Garlinghouseは、疑わしい販売の期間中にXRPに「非常に長い間」XRPを繰り返したと主張した.

この申請は、SECのフィップルに対する訴訟に重大な打撃が与えられたわずか数日後に行われました。 SECの入札を拒否する リップルとその法律顧問との間の通信にアクセスするため。