ロシアで暗号通貨を禁止することは「かなり実行可能」です

金曜日の記者会見で、ロシア中央銀行のエリヴィラ・ナビウリナ総裁は、国の暗号規制の状態を取り巻く恐怖、不確実性、疑い(FUD)をさらにエスカレートさせました。 デジタル資産の台頭について尋ねられたとき、ナビウリナは次のように述べました。 報告 地元の報道機関finmarket.ruによる、Cointelegraphによる翻訳:

「あなたは、暗号通貨に対する私たちの態度が、控えめに言っても、懐疑的であることを知っています。これに関連して、個人投資家にとっての重大なリスクとこのタイプの資産のかなりのボラティリティがあります。さらに、暗号通貨は頻繁に使用されるという点で不透明です違法な操作や犯罪の性質のため。したがって、それらへの投資を歓迎することはできません。私たちは、ロシアの金融インフラストラクチャが暗号取引を使用することを防止しようとしています。これは非常に実行可能です。」

ナビウリナの発言は、相反する報告が 全面禁止の可能性 ロシアの暗号通貨交換について。 Cointelegraphが最近報告したように、暗号に関する懸念は大統領府にまで及んでいます。 ウラジーミル・プーチンがデジタル資産について警告を発する

関連している: ミューチュアルファンドによるビットコインへの投資を禁止するロシア中央銀行

文脈において、旧ソビエト連邦の国々は、西側諸国よりもマネーロンダリングや脱税などの金融犯罪の影響をはるかに受けやすいままです。 これは、ソ連の崩壊による国営企業の民営化が、当時株式を購入するのに十分な「資本」を持っていた個人、つまりマフィア、ギャング、闇市場の参加者の手に権力を集中させたためです。

したがって、相対的に言えば、暗号の匿名で、ボーダレスで、瞬間的で、規制が欠如している性質は、この地域での犯罪活動をより可能にするものになるでしょう。 部分的に問題と戦うために、ロシアは優先順位を付けています 規制に準拠したデジタルルーブルの開発 民間部門で開発された暗号のかなりの競争相手として。