中国のおかげで、北米の5社が7月に58%多くのビットコインを採掘しました

上場している北米のビットコイン採掘会社5社が7月に合計1,802ビットコインを大量生産しました。これは6月よりも平均58%多くなっています。

Marathon Digital、Riot Blockchain、Argo Blockchain、Bitfarm、およびHut8はすべて、火曜日までリリースされた各マイナーの7月の生産アップデートによると、ハッシュ能力を大幅に向上させなかったにもかかわらず、7月に非常に生産的な月を過ごしました。

これは主に、ビットコインネットワークが 最大 中国が6月に地元のビットコイン採掘事業にシャットダウン命令を出した後、ビットコイン採掘の難易度は先月までに低下しました。 その結果、両方の非中国のビットコインの市場シェア マイニングプール 中国国外での採掘事業は大幅に増加しています。

中断されなかった中国以外のすべてのビットコインマイニングオペレーションは、 より大きなシェア ビットコインマイニングのデイリーケーキの中で、上場している5つの企業からの最新情報は、中国のライバルの閉鎖からどれだけの恩恵を受けているかを正確に示しています。

以下の表は、財務情報の開示と月ごとの成長に基づいて、毎月マイニングされたビットコインを分類しています。

ビットコインマイナー 7月 六月 MoMの成長
暴動 444 243 82%
マラソン 442 265.6 66.42%
ビットファーム 391 265 47.55%
Hut8 300 195 53.85%
アルゴ 225 167 34.73%
合計 1,802 1,135.6 58.68%

ナスダックに上場しているマラソンとライオットブロックチェーンは、6月の操業と比較して、7月の採掘艦隊をほとんど拡大しなかったにもかかわらず、5つの中で50%以上の成長を記録しました。

7月30日の時点で、Marathonには最新世代のビットコインASICマイナーが約19,000ユニットありました。これは、6月30日の時点と同じです。Riotは、インフラストラクチャのアップグレードにより、最近受け取ったハードウェアのインストールが8月。

マラソンのCEO、フレッド・ティールは声明のなかで、「主に世界的なハッシュレートの好調な変化により、7月は私たちの採掘事業にとって非常に生産的な月であることが証明された」と述べた。

同様のメモで、ロンドンに上場しているArgoのCEOであるPeter Wallは、7月の成長は、彼の会社が「世界的なハッシュレートの低下と採掘の難しさを利用できる」と述べています。 アルゴの採掘艦隊はカナダの施設を拠点としており、ナスダックにも上場を申請しています。

一方、カナダに上場しているビットファームは、中国での最近のマクロ経済イベントは、「以前に予想されていたよりも多くのビットコインをバランスシートに蓄積する」と位置付けていると述べました。

しかし、米国に上場しているすべてのビットコインマイニング会社が中国の政策変更を最大限に活用しているわけではありません。

BITマイニングBITデジタルThe9 City以前は中国国内で採掘事業を行っていたが、深刻な影響を受けており、カザフクスタン、ロシア、米国などの地域への機械の出荷を順調に進めています。

©2021The Block Crypto、Inc。無断複写・転載を禁じます。 この記事は情報提供のみを目的としています。 法律、税務、投資、財務、またはその他のアドバイスとして提供または使用することを意図したものではありません。