中国共産党がNFTの誇大宣伝バブルについて警告

地元の情報筋によると、中国政府は、国内の2つの主要なテクノロジー企業がテクノロジーを追求しているにもかかわらず、非代替トークン(NFT)市場の価値を非難する一連の声明を発表しました。

この物語は、中国共産党の公式アウトレットである人民日報のスポークスパーソンとして機能するニュース出版サービスであるセキュリティーズタイムズによって最初にローカルでリリースされました。 報告 サウスモーニングチャイナポストによる。

発言は、「NFT取引に大きなバブルがあることは常識である」と主張し、金銭的な動機で取得するほとんどのNFT購入者は、作品の視覚的品質を評価するのではなく、資産の価値のみに焦点を当てています。

SMCPのスタッフレポーターである王軍輝は次のように書いています。

「市場の熱意が衰え、誇大広告が冷えると、これらの多くの奇妙なNFTの価値は大幅に低下します。」

これは、人民日報の6月の出版物のレトリックを反映しており、NFT市場は「誇大宣伝されて混乱につながる可能性があり、地方分権化はセキュリティ上の懸念につながる可能性がある」と述べています。

今年の初め、中国政府は クリプトマイニングオペレーションに壊滅的な打撃を与えました 国境から不利な活動を追い出すための意図的な試みで。

しかし、国の主要なハイテク企業であるTencentHoldingsとAlibabaGroup Holdingは、NFTに焦点を当てた研究開発イニシアチブを進めており、現在はこの分野に積極的に参加しています。

Tencentは先月、NFT資産を音楽ストリーミングプラットフォームであるQQ Musicに統合することを目的として、NFT取引プラットフォームHuanheを立ち上げました。

同様に、AlibabaのフィンテックパートナーであるAnt Groupは、最近、ウォレットアプリケーションAlipay内で販売されている2つのNFT画像をリストしました。

それにもかかわらず、中国のNFT支持者は、依然として貿易活動を制限されています。 たとえば、取引に使用できるのは国の公式通貨である人民元のみです。 さらに、NFTは一度購入すると、国の金融法違反となるため、転売することはできません。