価格回復にもかかわらず、ビットコイン投資商品は依然として流出に苦しんでいます

機関投資家向け暗号通貨製品は、市場の勢いが強気であるにもかかわらず、5週連続で流出しています。

その8月9日に 毎週のデジタル資産ファンドフロー 報告、機関投資家のCoinSharesは、1週間の流出額は合計2600万ドルと推定しました。 しかし、報告書は、流出が5月と6月の間に比べて縮小したと述べています。 流出は週に記録的な1億4100万ドルに急増しました

BTCが先週17.5%増加したにもかかわらず、ビットコインファンドは先週3300万ドルを流しました。

CoinShares自身のBTC製品は、6,330万ドルの流出で、この期間の最大の敗者でしたが、世界最大の暗号資産マネージャーであるグレイスケールは横ばいでした。 8月10日のGrayscaleの最新の更新によると、そのファンドによって管理されている資産の合計値は、5月中旬以来初めて400億ドルを超えました。

でも、 イーサリアムベースの投資商品 先週のロンドンでのアップグレードが成功した後、Etherが回復したため、1週間で280万ドルの流入が見られました。 エーテル製品は現在、機関の暗号製品に投資された資本の26%を占めています。

XRP、ビットコインキャッシュ、カルダノ、マルチアセットファンドなど、一部のアルトコインファンドにはわずかな流入があり、それぞれ110万ドルから80万ドルの流入が見られました。

CoinSharesはまた、2021年には、2018年に開始された30の暗号通貨ファンドを上回り、これまでに記録的な37の新しい暗号通貨ファンドが開始されたことにも注目しました。

「リストされているファンド/投資商品の数は最近加速しており、2018年に見られた過去最高の30に比べて、今年は過去最高の37が発売されました。」

次の 最近の市場の勢い、すべての機関投資家向け暗号通貨製品の総運用資産(AUM)は、500億ドルを超えました。これは、5月中旬以来の最高水準です。

関連している: 価格の反発にもかかわらず、金融機関はBTCエクスポージャーの負荷を軽減し続けています

CoinSharesには 公開 2021年上半期の財務状況は、8,120万ドルの総収入を示しています。 そのため、CoinSharesは、今年の前半の2020年全体の3倍の収益を上げています。

2021年6月30日現在、CoinSharesの総AUMは30億ドルで、2020年12月末と比較して27.6%増加しました。