分散型融資プロトコルLiquityがEthereumメインネットで開始

分散型借入プロトコルLiquityは現在イーサリアムメインネットで公開されています。

スタートアップが立ち上がってから1週間後にローンチが来る 600万ドル 投資会社パンテラキャピタルが主導し、ニマキャピタル、アラメダリサーチ、その他数社が参加したシリーズAラウンド。

2020年1月に設立された イーサリアムベースの貸付プロトコル ユーザーは、最小担保比率110%(MakerDAOに必要な150%の比率よりも低い)でETHに対してローンを組むことができ、Makerのように定期的な「安定料金」を請求することはありません。

ローンは、米ドルペッグの安定コインであるLUSDで発行されます。 ユーザーはLUSDを「安定性プール」に預けて、プロトコルのトークンであるETHとLQTYで報酬を獲得できます。 プロトコルのすべての操作はアルゴリズムで完全に自動化されているため、ガバナンスの必要性が最小限に抑えられます。

ポリチェーンの共同創設者兼CEOのオラフ・カールソン・ウィーは声明のなかで、「リキティはDeFiユーザー向けの新機能のスイート全体を解き放ち、独自の「ガバナンスライト」プロトコルアプローチでスペースを前進させていると信じています」と述べています。 リキティの最大の投資家であるポリチェーン。

開示:Panteraは、TheBlockの過去の資金調達ラウンドの投資家でした。

関連資料