初期のビットコイン強気相場のバイヤーは強い動きを見せていますが、短期間の取引は増加しています

Glassnodeが共有するデータによると、ブルランの初期段階からのビットコインの購入者は、BTCが史上最高値を更新したにもかかわらず、依然として停滞しています。

オンチェーン分析プロバイダーは、「Realized Cap HODL Waves」チャートを共有し、過去6か月間にオンチェーンで最後に実現されたコインの数が2020年の第3四半期以降約40%から80%にほぼ倍増したことを指摘しました—この期間中に購入されたBTCの多くがそれ以来触れられていないことを示しています。

HODL Wavesは、BTCコインが最後にチェーン上を移動してからの時間を推定するために使用されますが、実現価格は、現在の価格ではなく、コインが最後に移動された価格から導出されます。 そのため、Realized Cap HODL Wavesチャートに示されている色付きのバンドは、「コインが成熟するか、さまざまな年齢層に使用されるにつれて」厚みが増します。

データは、2020年後半に購入された多数のBTCがその後取引されていないことを示しており、チャートは2020年第4四半期以降徐々に成熟するコインを示しています。

5月3日のウィークリーオンチェーンでチャートを分析する 報告書、Glassnodeは次のように述べています。「これらは初期の強気相場で蓄積され、それ以来休眠状態にあるコインです。」

短期

しかし、チャートはまた、6ヶ月から3年前に最後にアクティブだったコインに代表されるビットコインの供給のシェアが2020年半ばから急落し、2020年7月の55%以上から現在は約10%に低下していることも示しています。 これは、長期投資家がビットコインの過去最高を利用し、複数年のポジションで利益を実現していることを意味します。

短期的な憶測も11月以降急増しているようで、過去3か月でビットコインの供給の約半分が実現されてピークに達しています。 これは、短期のトレーダーが市場を牽引していることを示唆しています。