図は2億ドルのシリーズDを調達し、その評価額を32億ドルに引き上げます

ブロックチェーンベースの貸付会社であるFigureTechnologiesは、シリーズDの資金調達ラウンドで2億ドルを調達し、その評価額を32億ドルに押し上げました。

ザ・ ラウンドはによって共同主導されました 10Tホールディングスとモーガンクリークデジタル。 これには、デジタル通貨、グループ、リビットキャピタル、DCM、DSTグローバルが含まれていました。

2018年に元SoFi創設者のMikeCagneyによって設立されたFigureは、Provenanceと呼ばれる独自のブロックチェーンを使用して、ローンや住宅ローンの借り換えなどの金融サービスを提供しています。

10Tホールディングスのゼネラルパートナーであるダンタピエロは、次のように述べています。 「Provenanceブロックチェーンの速度、透明性、最終性、および費用対効果は、従来の金融業界に存在するシステムとフレームワークの改善になります。」

この数字は、昨年、通貨監督庁を通じて米国の銀行憲章にも適用されました。 アプリケーションはまだ承認を受けていません。

2019年12月、会社 上げた 12億ドルのポストマネー評価でシリーズCの資金調達で1億300万ドル。

シリーズDは、これまでのフィギュアの総資金を4億2500万ドル以上にしています。 さらに、10Tホールディングスの共同創設者兼パートナーであるスタンミロンシクとモーガンクリークのゼネラルパートナーであるサチンジェイトリーがフィギュアの取締役会に加わりました。

関連資料