強気になりますか? 機関は5週間で初めて暗号のネットバイヤーです

彼らに続いて 2018年2月以来最長の販売連続、機関投資家は先週デジタル資産ファンドのネットバイヤーになり、市場での最悪の売りが過ぎ去ったという慎重な楽観論を示した。

ビットコイン専用のデジタル資産ファンドへの流入(BTC)、エーテル(ETHCoinSharesは最新のレポートで、)などが7月2日に終了した週に合計6,300万ドルに達したと述べています。 9週間ぶりに、専用の資金ですべての個々のデジタル資産に流入が登録されました。

ビットコインに充てられたファンドは、毎週3890万ドルの流入があり、年初来の合計は41億8600万ドルになりました。 CoinSharesは、純投資のわずかな増加を反映して、前週の合計を修正しました。

イーサファンドは毎週の流入で1770万ドルを記録し、年初来の合計は9億6000万ドルになり、3回連続で毎週の流出を記録しました。

ポルカドットとXRPに投資するファンドは、それぞれ210万ドルと120万ドルの流入を見ました。

マルチアセットファンドでは毎週プラスの流入が見られましたが、合計は前の週よりもはるかに少なく、投資家がビットコインに戻ってきたことを示しています。

世界最大のデジタル資産マネージャーであるGrayscaleは、 報告 先週、運用資産総額は298億ドルに達しました。 一部のアナリストは、GrayscaleのGBTCロックアップが期限切れになり、投資家が株式を売却できるようになった後、暗号市場が今後数週間で逆風を経験する可能性があることを懸念しています。

関連: グレイスケールの大きなGBTCが2週間でロック解除されてビットコインが$ 30Kを失う危険がありますか?

機関投資家は、暗号通貨の最新の強気相場で重要な役割を果たしました。 下降途中のボラティリティの原因。 Cointelegraphが5月に報告したように、GrayscaleのMichael Sonnenshein、AmberGroupのJeffreyWang、TyrCapitalのEdouardHindiは、ファイナンシャルアドバイザーが 制度的採用の拡大 前進します。