投資家がビットコインのエネルギー消費に立ち向かうため、ケビン・オレアリーにとって「血のコイン」はありません

シャークタンクとドラゴンズデンのパーソナリティであるケビンオレアリーは、彼が「ブラッドコイン」と呼んでいるビットコイン(BTC)中国で採掘されました。 投資家は、今後は「クリーンコイン」(再生可能エネルギーを使用して採掘されたコイン)のみを扱うと宣言し、他の機関も同じことを始めていると示唆しました。

O’Learyは、世界の他のほとんどの製品が制度的および規制上のコンプライアンス基準に従って製造されていることを指摘することにより、ビットコイン生産の自由奔放な性質を目指しました。 O’Learyは、 インタビュー CNBCの場合:

「私たちは大規模な機関に準拠しており、資産の作成方法、炭素の燃焼、人権の関与、中国製かどうかについての規約があります。」

O’Learyによってリストされたすべての例は、世界最大のビットコインマイニングに適用されるものです。中国では、安価な石炭燃料の電力が 推定 全体のビットコインハッシュレートの50〜65%。 中国から発信されたビットコインを購入したいと思う人は誰もいないと、機関が環境倫理的な情報源にまでさかのぼることができる「バージン」コインを探し始めていることを示唆したO’Learyは言います。

「これらの問題はすべて、ビットコインで前面に出てきました。 機関は中国で採掘されたコインを購入しません。 電気のために燃やすために石炭を使用して採掘されたコイン。 制裁措置のある国で採掘されたコイン。 そして突然、出所がわかっているバージンコインに対するこの巨大な需要があります」とO’Learyは言いました。

最終的に、時代精神は2つの異なるタイプのビットコインを知るようになるでしょう:血のコインときれいなコイン、O’Learyは言いました:

「これは非常に興味深い問題です。次の1、2年で、中国の血液コインと、石炭ではなく水力発電を使用する国で持続可能な方法で採掘されたクリーンコインの2種類のコインが見られます。」

O’Learyは、懸念している投資家がビットコインの出所について、そしてその生産が現代の西洋の基準を満たしているかどうかについて定期的に彼に尋ねると述べた。 投資家は、今後はクリーンなビットコインのみを扱うと述べました。