日本で暗号通貨取引所を運営することは「かなり難しい」とFSAのチーフは認めています

日本の金融庁(FSA)の新しいコミッショナーである中島淳一は、ビットコインを作る前に国が慎重に考える必要があると信じています(BTC)および一般の人々がよりアクセスしやすい他の暗号通貨。

中島氏は、ビットコインのような暗号資産は、迅速かつ安価な送金方法として一般の人々に利益をもたらす可能性があると考えています。 インタビュー ブルームバーグと。 ただし、現在、ほとんどの暗号資産は、代わりに投機と投資に使用されています。

そのため、日本の規制当局は、一般の人々が暗号資産に投資しやすくする前に、慎重な検討が必要であると考えています。 中島氏は、原資産がないことによる暗号市場の高いボラティリティが、日本の規制当局が暗号投資信託を許可しない主な理由であると述べました。

日本は、東京を拠点とする暗号交換コインチェックに対する悪名高いハッキング攻撃を受けて規制の取り組みを強化していることで知られています。 その結果、5億2300万NEMコインが失われました、約5億3400万ドルの価値があります。

それ以来、この国は登録された暗号通貨取引所のためにビジネスを行うのが難しい市場になりました、と中島は認めます。 暗号交換に関する現在の規制の枠組みは、顧客を効果的に保護し、マネーロンダリング防止の要件を満たしています。 しかし、登録されているほとんどの暗号通貨取引所のビジネス状況は「かなり荒い」と中島氏は付け加えた。

関連している: 日米のデジタル貿易協定には暗号通貨を含める必要があります:アメリカのシンクタンク

日本政府は デジタル通貨を規制するためのグローバルな協力。 この目的のために、日本の財務省はそのスタッフを増やすことを求めていると伝えられています。 FSAはまた、より広範な暗号市場を監視し、分散型ファイナンスに焦点を当てるために、先月新しいユニットを設立しました。

BinanceやBybitのような主要な暗号通貨取引所は、日本の31の登録された暗号通貨取引所には含まれていません。 FSAは、次の正式な警告書を発行しました。 5月のバイビット6月のBinance、登録なしで国で暗号交換サービスを提供していると彼らを非難します。