日本の規制当局はBinanceに対して別の警告を発します

日本の金融庁(FSA)は金曜日に暗号通貨取引所Binanceに対して別の警告を発し、取引所はまだ登録なしで国内で運営されていると述べました。

FSA 前記 Binanceは、許可がないにもかかわらず、インターネットを介して日本人居住者と取引を行っています。

FSAの新しい警告はそれから3年以上経ちます 同様の通知を発行しました 当時、規制当局は、Binanceがライセンスなしで事業を継続した場合、刑事責任を問われると述べました。 これにより、取引所は本社を国外に移転し、正式にマルタに移転しました(最終的に「分散型」構造を採用する前に)。

昨年、Binance 前記 日本人居住者向けの「貿易機能の段階的制限」を「後日」実施すること。 しかし、取引所の日本のウェブサイトは まだアクセス可能 これを書いている時点では、新しいアカウントを作成する場合でも同様です。 また、VPN経由でサイトにアクセスする場合、Binanceは日本のIPアドレスをブロックしていないようです。

Binanceのスポークスマンは、The Blockに対し、この取引所は「現在、日本で取引所を運営しておらず、日本のユーザーを積極的に勧誘していない」と語った。

それが日本のユーザーが自分でBinanceのウェブサイトにアクセスして取引できることを意味するかどうか尋ねられたとき、スポークスマンはコメントを避けた。

先月、FSAも警告を発しました Bybitに対して、暗号デリバティブ取引所は未登録であり、国内でまだ運営されていると述べています。


更新:このストーリーは、Binanceのスポークスパーソンからのコメントを含むように更新されました。

このような最新のストーリーについては、TheBlockを購読してください。 電報

関連資料