暗号ウォレットエコシステムimTokenが3000万ドルのシリーズB投資を完了»CryptoNinjas

アジア最大の暗号通貨ウォレット会社であるimTokenは本日、Qiming Venture Partnersが主導する3000万米ドルのシリーズB資金調達の完了を発表し、その主要なシリーズA投資家であるIDG Capitalと、Breyer Capital、HashKey、Signum Capital、LonglingCapitalなどの新規投資家が参加しました。 、SNZおよびFosun Internationalの共同創設者、梁信軍氏。

2016年に設立されたimTokenのデジタルウォレットプラットフォームにより、150か国以上からの1200万人のユーザーが、さまざまな ブロックチェーンとトークンベースのアセット、ID、およびデータ。 現在、500億米ドルを超える資産がプラットフォームに配置されており、imTokenを介したトランザクションの合計額は5,000億米ドルを超えています。

今後の計画

この投資により、imTokenは次のイテレーションであるimToken3.0の開発を加速する予定です。 imToken 3.0の場合、imTokenは、キーレスアカウント、アカウントリカバリ、およびユーザーがさまざまなブロックチェーンネットワークやアプリケーションに簡単かつ安全にアクセスできるようにするその他の機能を実装することにより、ユーザーがブロックチェーンサービスを操作する方法を根本的に改善することを目的としています。

無料の非管理ウォレットに加えて、imTokenは、集中型デジタルウォレットへの飛躍であるimToken 3.0の一連の分散型ファイナンス(DeFi)サービスへの安全で便利なアクセスを提供することも計画しています。 同社の目標は、相互接続された製品の堅牢なエコシステムを構築することにより、暗号通貨の新規参入者の参入障壁をさらに下げることです。

さらに、新たに調達された資本は、imToken Labsと呼ばれる研究部門の構築に投資され、imTokenの製品およびサービスにおける高度なブロックチェーンテクノロジーをさらに調査および適用することを目的としています。 また、研究、マーケティング、運用の分野でのimTokenの採用活動を強化し、グローバルにさらに多くのオフィスを設立するためにも使用されます。

imTokenのCEO兼創設者であるHeBinは、次のように述べています。 「5年前の創業以来、ブロックチェーンテクノロジーの大きな可能性と、ユーザーエクスペリエンスの向上、安全なキー管理、スケーラブルなネットワークの必要性に関して業界が直面している課題を認識しました。 投資家のサポートにより、私たちはこれらの課題に取り組み、ウォレットを超えてプラットフォームを成長させることができます。1億人以上のユーザーにサービスを提供することを目標に、使いやすさを重視する商標を幅広い分散型サービスにもたらします。次の5年間。」

imTokenは、デジタルウォレットエコシステムに接続されている企業に投資するために2018年にimToken Venturesを設立するなど、より広範な分散型エコシステムを成長させるために大きな進歩を遂げました。 imTokenのインキュベーションプロジェクトの1つである、 Tokenlonは、現在、総取引量が100億米ドルを超えています。 imTokenのハードウェアウォレットであるimKeyを使用すると、ユーザーはBluetoothを介してモバイルデバイスで人気のあるデジタル資産を簡単に管理できます。

IDGキャピタルのパートナーであるGuoYihongは、次のように述べています。 「彼らの成功の多くは、ユーザーエクスペリエンスと使いやすさへの規律ある焦点に起因すると考えており、コアウォレットの提供を超えた幅広いサービスに同じ焦点を適用できるよう支援することを楽しみにしています。」

Share:

Share on facebook
Facebook
Share on twitter
Twitter
Share on pinterest
Pinterest
Share on linkedin
LinkedIn

Related Posts

2021年に暗号波に乗った有名人

過去数年間の栄光を覆い隠していた暗号エコシステムは、2021年を通して1年間のスポットライトを維持することができました。 主流の採用 ビットコインのBTC)、ミームコイン狂乱 駆動 柴犬(SHIB)とドージコイン(ドージ