暗号交換会社 Bitpanda が新しい B2B ホワイト ラベル サービスを導入 » CryptoNinjas

ヨーロッパを拠点とするビットパンダ 暗号交換会社は本日、Bitpanda White Label の立ち上げを発表し、そのインフラストラクチャを B2B2C パートナーとクライアントに開放することを発表しました。 これにより、フィンテック、従来の銀行、オンライン アプリケーションは、独自の完全なデジタル投資プラットフォームを作成できます。 Bitpanda の技術インフラストラクチャに基づいて、ブランドのルック アンド フィールを使用します。 ビットパンダのインフラストラクチャ全体は、仮想通貨取引から保管またはウォレット サービスまで、ホワイト ラベル製品として提供できます。

API を活用したインフラストラクチャ

ホワイト ラベル パートナーは、一連の API を介してネイティブ アプリを Bitpanda のバックエンドに接続できます。 ユーザーは、慣れ親しんだパートナーのフロント エンドと引き続き対話できます。 取引の実行と資産の保管の確立は、ビットパンダによってバックグラウンドで実行されます。 資産情報画面による資産の調査から資産への投資、またはポートフォリオの監視から資産の再販売まで、すべてのユーザー エクスペリエンスは、既存のブランドの下でパートナーのネイティブ モバイル アプリで行われます。

「パートナーはそれぞれ異なり、独自の流通チャネルと既存のユーザーベースがあります。 そのため、私たちは万能型のセットアップに頼るのではなく、パートナーが選んで選択できる多くの技術モジュールを作成しました。 そして、それらを組み合わせて、特定のニーズに合わせた取引サービスを作成します。 これにより、パートナーはユーザーのオンボーディング、取引、支払いフローを自分でカスタマイズできます。 特定のサービスの API を介して Bitpanda に接続するか、フロントエンド SDK サービスを利用するかのいずれかです。」
– ビットパンダチーム

規制状況

パートナー企業は、オーストリアの FMA およびフランスの AMF に登録された仮想資産サービス プロバイダー (VASP) としての Bitpanda のステータスを活用できます。 さらに、Bittpanda は MiFID II 投資会社であり、 PSD2 決済サービス プロバイダーのライセンス; 同社は完全に AML5 に準拠した KYC プロセスもサポートしています。

ソース:
ビットパンダ ホワイトレーベル

Share:

Share on facebook
Facebook
Share on twitter
Twitter
Share on pinterest
Pinterest
Share on linkedin
LinkedIn

Related Posts

2021年に暗号波に乗った有名人

過去数年間の栄光を覆い隠していた暗号エコシステムは、2021年を通して1年間のスポットライトを維持することができました。 主流の採用 ビットコインのBTC)、ミームコイン狂乱 駆動 柴犬(SHIB)とドージコイン(ドージ