暗号通貨採掘会社のアルゴブロックチェーンがナスダックの二次上場に注目

暗号通貨マイニングに焦点を当てた上場ブロックチェーンテクノロジー企業であるArgoBlockchainは、ナスダック取引所での潜在的な二次上場を検討しています。

火曜日に、会社は 発表 現在、2021年6月の運用上および戦略上の更新の一環として、ナスダックに二次上場する可能性を模索していること。

Argo Blockchainは、「上場が完了する保証はない」と述べ、二次上場のタイミングについてはまだ決定に至っていないと述べた。 「提案された上場は市場やその他の条件の影響を受け、提案された上場が完了するかどうか、いつ完了するかについての保証はありません」と同社は述べています。

最新のアップデートの一環として、Argo Blockchainは、同社が合計167ビットコインを採掘したことを明らかにしました(BTC)鉱業収入は440万英国ポンド(600万ドル)、鉱業利益率は78%です。 発表によると、ArgoBlockchainの総鉱業収入は年初来で883BTCであり、同社は月末までに1,286BTCまたは同等の金額を保有する予定です。

ArgoBlockchainのCEOであるPeterWallは、暗号業界は6月に「大きな変化」に直面したと述べ、世界全体のハッシュレートの大幅な低下と、 暗号マイニングの取り締まり 中国で。 「アルゴはこれらの変化を利用して、印象的なマージンで強力な収益を提供し続けています」と同社は述べています。

関連: 中国の暗号通貨は「カナダにとって大きなチャンス」を禁止している、と鉱業グループの責任者は言う

以前に報告されたように、ArgoBlockchainは リストする最初の暗号マイニング会社 2018年のロンドン証券取引所で、 配置 16英国ポンド(22ドル)で1億5900万株以上の普通株。 によると、株価は上場以来大幅に急増し、今年2月には史上最高値の280ポンド(387ドル)に達した。 データ TradingViewから。

これを書いている時点で、ARB株は125ポンド(173ドル)で取引されており、過去24時間で約2%下落しています。

出典:TradingView