暗号金融サービス会社のバベルファイナンスがシリーズAの資金調達で4000万ドルを調達

アジアを拠点とし、暗号に焦点を当てた金融サービス会社であるBabel Financeは月曜日、シリーズAの資金調達で4000万ドルを調達したと発表しました。

プレスステートメントによると、ラウンドの参加者には、タイガーグローバルマネジメント、ズーキャピタル、セコイアキャピタルチャイナ、トンボキャピタル、BAIキャピタル、ベルテルスマンが含まれていました。 バベル氏は、同社の既存の投資家の一部がすべて参加したと述べた。

「従来の金融からの新しい投資家との提携は、より革新的な製品を提供し、コンプライアンス管理を強化し、最終的には暗号資産の追加に熱心な主流の投資家からの高まる需要を満たすための信頼できるサービスの完全なスイートを提供するための重要なステップです。バベルファイナンスのCEO、フレックスヤン氏は声明のなかで述べた。

によって指摘されたように ロイター、この取引は、バベルとより広いアジアの暗号セクターをセコイアやタイガーグローバルなどの伝統的な金融プレーヤーと連携させるよりも、キャッシュフローの固化に焦点を当てていないようです。

伝統的な金融参加者をアジアの暗号メーカーに引き込むための他の努力は、最近形になりました。 先月末、Huobiの関連会社 発売 機関投資家向けのパッシブビットコインおよびエーテルファンド。

関連資料