米国のビットコイン鉱山労働者は、18,000 BTCを備蓄しているため、記録的な月数を見ています

主に北米で事業を展開している米国上場の最大のビットコイン採掘会社のいくつかは、これまでに合計で10,500 BTC以上を採掘しており、生産量の40%近くが過去2か月からのものです。

The Blockが作成した公開データによると、Riot、Marathon、Bitfarm、Hut8、Argoは8月に合計1,796BTCを採掘しました。 これは7月の総生産量よりわずかに少なかったが、これまでの第3四半期の個々の生産量は、第2四半期の生産記録と一致するかすでに上回っています。

彼らの生産量の増加は、中国の鉱山労働者との競争の激化と、昨年末以来ビットコイン採掘設備に何十億ドルもの投資が行われた結果として設置された採掘艦隊が徐々に拡大したことによるものです。

そのため、それらの総生産量は、年初来のビットコインマイニングの総収益の平均で約5%を占めました。 これには、Core Scientific、Greenidge Generation、Stronghold Digitalなど、米国の上場プロセスを経ている他の注目すべき北米の民間鉱業会社は含まれていません。

Bit Digitalは、米国に本社を置く唯一のビットコインマイニング会社であり、第2四半期に中国事業を閉鎖し、14,500台を超えるマシンを北米に送信しているため、四半期生産量が急激に減少しました。 同社は7月と8月の数値を更新していません。 グラフの現在の推定データは、第2四半期のビットデジタルのマイニング結果に基づいています。

ビットデジタルを除いて、他の5つの大手ビットコインマイニング会社は、マイニングしたビットコインのほぼすべてをバランスシートに追加しており、8月の時点で合計17,960 BTC、約8億2,000万ドルに相当します。 ただし、これには、MarathonDigitalが第1四半期に流通市場を通じて購入した4,812BTCが含まれます。

総じて、8月の時点でこれら5つの鉱業会社が保有しているビットコインの合計量は、12月31日に合計4,176BTCを保有していたときから4倍以上になっています。

©2021The Block Crypto、Inc。無断複写・転載を禁じます。 この記事は情報提供のみを目的としています。 法律、税務、投資、財務、またはその他のアドバイスとして提供または使用することを意図したものではありません。