香港、中央銀行のデジタル通貨でe-HKDの可能性を研究

香港金融管理局 (HKMA) は、地元の中央銀行のデジタル通貨を持つ可能性を検討していると述べています。

香港特別行政区の事実上の中央銀行当局である HKMA は、火曜日の記者会見で「Fintech 2025 戦略」を発表しました。これは、香港の金融技術開発を推進するためのハイレベルな戦略です。

HKMAは、フィンテック戦略の一環として、中央銀行デジタル通貨(CBDC)の研究開発の取り組みを、これまでの卸売りから、中国本土の国境を越えたe-CNYのように、小売業が直面する可能性のあるものへと拡大していると述べた。 .

「卸売りCBDCに関する継続的な取り組みに加えて、HKMAは国際決済銀行(BIS)イノベーションハブ香港センターと協力して小売りCBDCを調査しており、e-HKDの研究を開始してその使用例と利点を理解しています、および関連するリスク」、HKMA 発表された 記者会見の概要をオンラインで。

Fintech 2025 計画の詳細はまだ完全には公開されていませんが、CBDC はハイレベル戦略の 5 つの優先事項の 1 つになります。

香港の当局が小売のユースケースのシナリオで e-HKD の可能性を研究する意図を表明したのはこれが初めてです。 それはまた、進行中の内部テストの最中にもあります。 電子人民元 香港と中国本土の居住者の国境を越えた支払いを促進するために香港で。

「香港金融管理局は、国内と本土の両方の居住者に国境を越えた支払いの便利な手段を提供することを目的として、香港でのe-CNYの技術的テストを支援するため、中国人民銀行と引き続き協力する」と中央銀行は述べた。権限が追加されました。

CBDC に関する HKMA の取り組みは、これまで主に卸売のユースケースに焦点を当てていました。 それ 発表された 2月には、中国人民銀行を含むいくつかの中央銀行とともに、いわゆるプロジェクト・インターノン・ライオンロックの第2段階を開始した. これは、「マルチCBDCブリッジ」と呼ばれるものを使用して、ブロックチェーン技術を通じて国境を越えた支払いを決済することを目的とした共同プロジェクトです。

関連文献