3つの自主規制機関は、市場の変動の中で暗号通貨に関する中国の2017年のスタンスを繰り返しています

3つの中国の自主規制機関が、暗号ビジネスに対する国の姿勢を改めて表明する声明を発表しました。

中国全国インターネット金融協会(NIFA)、中国銀行協会(CBA)、中国決済清算協会(PCAC) 共同でノートを発行 火曜日の夜の中国時間に、メンバーの金融および決済機関に、暗号関連のビジネスに従事したり、サービスを提供したりしないように指示しました。

3つの業界団体はすべて、中国人民銀行(PBoC)や中国証券監督管理委員会を含むいくつかの中国省庁の監督下にある自主規制機関です。 SRO自体は規制機関ではありませんが、メンバー機関が上位の政府機関の規制の指示に従うようにする責任があります。

「金融および決済加盟機関は、仮想通貨に関連する保険サービスを提供したり、クライアントに暗号関連のサービスを直接的および間接的に提供したりしてはなりません。これには、暗号関連の取引、保管、貸付および決済、仮想通貨の受け入れが含まれますが、これらに限定されません。支払いツール。仮想通貨をレンミンビと交換する」と述べた。

この声明はまた、メンバーのインターネットテクノロジー企業に、暗号関連ビジネスに広告やプロモーションサービスを提供しないように指示しました。

この声明は、2017年に中国で暗号空間に向けた注目すべき政策変更として発表された「ビットコインと初期コイン提供のリスクの防止に関するPBoCの通知の実行を継続する」という文脈で発行されました。

2017年の通知では、あらゆる種類の イニシャルコインオファリング 活動と中国の暗号交換が一元化された法定通貨から暗号通貨への注文書を提供することを禁止しました。 それ以来、中国の金融機関は、法定紙幣のオンランプチャネルとオフランプチャネルとして、暗号通貨取引所への銀行サービスの提供をすでに停止しています。

実際には、 2017年の禁止 PBoCが、金融機関およびノンバンクの決済機関が仮想通貨ビジネスまたは暗号ベースの資金調達活動に直接または間接的に取引、決済、または保険サービスを提供してはならないと述べたのと同じ要件がすでにありました。

火曜日の声明は、SROが「人々の財産の安全を著しく損ない、金融の安定を混乱させる」と見なした最近の市場の変動の中で、国内での暗号取引関連の活動に対する中国の姿勢を繰り返した。

関連資料