51の仮想通貨会社が英国でライセンス申請を取り下げる

英国の厳格なマネーロンダリング防止法は、同国の仮想通貨企業にとって大きな運営上の障害となっているようです。

英国金融行動監視機構 (FCA) によると、国内のいくつかの仮想通貨事業は撤退の準備をしている可能性があります。

リリースで 発行済み 木曜日、規制当局は次のことを明らかにしました。

「非常に多くの企業が、マネーロンダリング規制の下で必要な基準を満たしていません。 これにより、かつてないほど多くの企業が申請を取り下げています。」

によると 報告書 The Guardian によると、これまでに 51 の企業が FCA の AML 基準を満たせず、同国での事業停止を余儀なくされる可能性があります。

これらの仮想通貨会社は、ライセンス申請を撤回することで、仮想通貨関連のサービスをすべて停止するか、FCA による罰金や訴訟のリスクを負う必要があります。 このような企業は、FCA の AML プロトコルを満たした後にのみ営業を再開することができ、その後、ウォッチドッグの登録された仮想通貨企業のリストに登録されます。

コインテレグラフが以前に報告したように、 FCAが仮登録制度を延長 からの暗号ビジネス向け 2021年7月 伝えられるところによると、この 9 か月の延長は、保留中のライセンス申請の未処理分を一掃する十分な時間を FCA に与えるためである。

FCA には、英国で正式に登録された仮想通貨ビジネスが 5 つしかない 90 件の登録申請が保留中であると伝えられています。 .

登録期間が終了するまでに FCA の AML 要件を満たさない企業は、顧客の預金をすべて返金することを余儀なくされます。

2020 年 1 月にさかのぼって、 FCA は英国の仮想通貨市場の AML 警察になった 国の暗号通貨会社の強制的な事業登録の開始をマークします。