BattlefieldFCプレセール-暗号レーダー

BattlefieldFCトークンセールは3ラウンドで行われます。 プレセール1の第1ラウンドで4億トークンの販売が予定されており、プレセール2では1億トークンが割り当てられ、最終セールラウンドでは1億トークンが割り当てられます。 生成されたトークンの残りは、後で使用するために財団の寄付のために予約されます。 BattlefieldFCは、スポーツ産業とスポーツの健全な文化をサポートするテクノロジープラットフォームを作成するために、運用、事業開発、およびR&Dを継続的に拡大する戦略を追求します。

プレセール資金調達は、メインネットワークが立ち上がる前にビジネスの開発と運営をサポートすることです。 トークンセールでは、トークンセールの3つの段階すべてについて、5か月の権利確定期間で、トークン供給全体の最初の33%が市場で流通することができます。

BattlefieldFCは、ネットワークの立ち上げ後、より広く配布するためにトークンを戦略的に割り当てました。トークンは、それまではロックアップ期間(権利確定期間)によって制限されます。

ネットワークの立ち上げ時に、トークンはトークン販売参加者に配布され、財団のために予約されたトークンは次の方法で割り当てられ、合計18億トークンになります。

  • トークンセール参加者は6億
  • 継続的な技術開発と運用のための2億5000万
  • マーケティングのための5000万
  • 戦略的パートナーのための3億
  • BattlefieldFCユーザー報酬の1億
  • チーム、創設者、アドバイザー、シードラウンド投資家のための5億

バトルフィールドFCは、バトルフィールドFCの名誉大使として昇進したMMAの伝説であるヴァンダレイシバの始まりから第2章を開始します。

元武道選手のイ・ヨンウが設立したバトルフィールドFCは、2017年オリンピック公園オリンピックホールで初大会を開催した。 ONEChampionshipミドル級チャンピオンのIgorSavridと、アーリーストライクフォースバンタム級チャンピオンのSarahKuffman。 UFCと韓国のベラトーレを拠点とするベン・ヘンダーソンと「戦士」のクリス・ビソグも広報大使を務めています。

バトルフィールドFCは、7月にマカオでバトルフィールドFCの2回目のトーナメントを開催し、正式な総合格闘家のシルバがバトルフィールドFC広報大使として主要な役割を果たします。

創設者のイ・ヨンウ氏は、4月12日のSpoTV Newsとのインタビューで、「第2回戦場大会は7月27日にマカオで開催される」と語った。 2019バトルフィールドFCは、シェラトングランドマカオホテルコタイセントラルカシュガルグランドボールルームで開催されます。 バトルフィールドFCの最初の大会は2017年3月18日にソウルオリンピックホールで開催されたため、マカオの試合はさらに盛り上がりました。 バトルフィールドFCの創設者であるイ・ヨンウは、バトルフィールドFCを国際的な武道大会にすることを決意しました。 「私は、既存の総合格闘技スポーツ産業のパラダイムを革新的な構造に変えたいと思っています」と彼は決意を持って言いました。

これは有料のプレスリリースであり、将来の見通しに関する記述が含まれているため、広告または販促資料として扱う必要があります。 CryptoRadar.orgは、この製品/サービスを推奨またはサポートしていません。 CryptoRadar.orgは、プレスリリース内のコンテンツ、正確性、または品質について責任を負いません。

Share:

Share on facebook
Facebook
Share on twitter
Twitter
Share on pinterest
Pinterest
Share on linkedin
LinkedIn

Related Posts

AnimocaBrandsのYatSiuへの6つの質問– Cointelegraph Magazine

私たちは、ブロックチェーンと暗号通貨セクターのビルダーに業界についての考えを尋ねます…そして私たちは彼らをつま先に保つためにいくつかのランダムなジンジャーを投入します! 今週は、6つの質問が共同創設者のYat