bitFlyer USA がビットコインから日本円 (BTC/JPY) への市場をリストアップ » CryptoNinjas

日本最大の仮想通貨取引所であり、米国、EU、日本での運営が認可されている唯一の取引所である bitFlyer は本日、米国を拠点とする顧客がついに bitFlyer を通じて世界最大のビットコインから日本円 (BTC/JPY) 市場にアクセスできることを発表しました米国 アカウント.

歴史的に、日本は、業界の初期段階での高いレベルの採用、包括的な規制の枠組み、および独自の価格設定ダイナミクスにより、常に暗号通貨スペースで最も重要な市場の 1 つでした。

日本最大の仮想通貨取引所として、bitFlyer は日本の仮想通貨市場への主要なゲートウェイです。 今年の 3 月に bitFlyer が実施した調査によると、日本で仮想通貨を購入した人の 35% が bitFlyer を使用していました。 さらに、2021 年の第 1 四半期に、bitFlyer の BTC/JPY スポット市場は、日本のビットコイン エコシステムの 40% に相当する 300 億ドルを超える取引量を記録しました。

BTC/JPY が米国の bitFlyer の Lightning プラットフォームで利用可能になりました

「仮想通貨は世界市場です。 しかし、現在のグローバルな規制と銀行の枠組みにより、地域間に障壁が生じ、世界中の市場へのアクセスが難しくなり、最終的には非効率性を生み出しています。 でライセンスを取得した最初の取引所として アメリカ、日本、ヨーロッパ、私たちの目標は、規制された方法で暗号通貨の力を完全に解放するために、これらの障壁を取り除き、誰もがグローバル市場にアクセスできるようにすることです。 今後数か月間、私たちは新しい市場を開拓し続け、bitFlyer だけが提供できる新しいユニークな取引の機会をお客様に提供していきます。」
– bitFlyer チーム

Share:

Share on facebook
Facebook
Share on twitter
Twitter
Share on pinterest
Pinterest
Share on linkedin
LinkedIn

Related Posts

2021年に暗号波に乗った有名人

過去数年間の栄光を覆い隠していた暗号エコシステムは、2021年を通して1年間のスポットライトを維持することができました。 主流の採用 ビットコインのBTC)、ミームコイン狂乱 駆動 柴犬(SHIB)とドージコイン(ドージ