ブロックチェーンと暗号通貨

誰がビットコインをつくったのか

ビットコインは、2008年10月に、Satoshi Nakamotoと名乗る人物がインターネット上に投稿した論文によって、提唱されました。

それからわずか3カ月後、2009年1月には、ビットコインの理論を実現するためのソフトウェアがオープンソースで開発され、公開されました。そしてすぐに、ビットコインの最初の取引が行われています。開発者や、この時からビットコインを所有している人たちは、膨大な価値を持ったビットコインを所有していると言われています。

それからおよそ1年後の2010年2月に、ビットコイン両替ができる最初の取引所が誕生しました。そして同年5月、はじめて現実社会でビットコインを使った決済が行われています。

「BitCoin(BTC)」という言葉は、ポピュラーな暗号通貨として、一般に広く認知されています。それ以外の暗号通貨をアルトコインと言い、Alternative Coin(代替のコイン)と言われています。
BitCoinが認知されると同時に「ブロックチェーン」という言葉も広く知られるようになっていますが、「ブロックチェーン」=「BitCoin(BTC)」と思い込んでいる方も多く、「ブロックチェーン」の意味についてはよく知られていないケースも少なくないのではないでしょうか。「ブロックチェーン」とは、また「BitCoin(BTC)」とブロックチェーンはどのような関係にあるのかについて考えてみましょう。

ブロックチェーンイメージ

ブロックチェーンとは

ブロックチェーンは、ネットワーク、データベースに関するテクノロジーのひとつで、多くの暗号通貨の土台となっています。ブロックチェーンテクノロジーはインターネットテクノロジー以来の大発明と言われており、このテクノロジーを正確に早期に修得する事が多くの利益を生むテクノロジーと言われています。

Blockchain-Technology

ブロックチェーンの中身はどうなってるの?

transaction

暗号通貨を送付・移動する際の取引データを「トランザクション」(Transaction)といい、一定数のトランザクションを格納したものを「ブロック」(Block)といいます。
「ブロック」(Block)には番号があり、「BitCoin(BTC)」で例えて言えば、約10分間に1度ブロックはパッケージ化されます。一番最初の「ブロック」(Block)をジェネシスブロックと呼び約10分ごとにブロック番号は増加していきます。2021年1月で約666,000「ブロック」(Block)に達成しています。

「トランザクション」(Transaction)が沢山入った箱を「ブロック」(Block)と言い、「トランザクション」(Transaction)が新規に生成されたブロックやそれに続くブロックに取り込まれる流れを「承認」(Confirmation)と言います。
ブロックが新しく追加されて次々と鎖(チェーン)のように連なることで、「ブロックチェーン」になります。イメージとしてはジェネシスブロックから約666,000ブロックまで各ブロックは連結されている状態になっており、今後もブロックは約10分ごとに増加して行くのです。

Blockchain and transactions
進化するマイニング

ブロックの生成にはコンピュータによる膨大な計算が必要で、個人が所有するパソコンレベルではとても演算は不可能で、この演算作業を「マイニング」(Mining)と呼びます。マイニングを行う個人は「マイナー」(Miner)、集団で行うグループは「マイニングプール」(Mining Pool)と呼ばれています。BitCoin取引開始された2009年であれば個人のパソコンのCPU演算でも十分追いついていたが、2010年に入るとCPU演算よりも高速で効率の高い、GPU・FPGA・ASICにシフトし現在でも進化を続けています。

マイニングのインセンティブとして暗号通貨が新規に発行され、最も早く正しくブロックを生成したマイナーに付与されます。大規模なマイニングには専用マシンの用意と膨大な電力が必要なため、個人でマイニングする代わりにマイニング企業に資金や計算機資源だけを融資し、出資分や計算機資源に応じて配当をもらう方法もあり、「クラウドマイニング」(Cloud Mining)がメインとなっている。

マイニングインセンティブ

ブロックチェーンテクノロジーの特徴

暗号通貨の大半は、中央管理者を置かず分散化されたノードでデータがそれぞれ保管され、無数のノード間がP2P(Peer to Peer)で通信し全員参加型のデータを管理する「分散型ネットワーク」を採用しています。

ブロックチェーンテクノロジーで取引を記録する際、取引データがネットワーク上に公開され、参加者全員が取引記録の正当性を検証し、承認によって有効化されますので、二重払いなど不正の記録を排除することが容易になります。

P2P
51%_attack_blockchain

取引データは無数の分散化されたノードで保管され、一部のノードで記録の改ざんが行われてもネットワーク全体の記録まで改ざんすることは極めて困難とされています。
無数に存在するノードの51%以上の処理能力があれば理論的には可能ですが、51%以上の演算能力があれば、マイナーとして参加した方が不正に取得するよりも多くのインセンティブが獲得出来るので、実質、攻撃をする意味がないと言われています。
仮に一部のノードがサイバー攻撃を受けデータが破壊された場合でも、他のノードでは同一のデータが保存されているため、データの復旧は可能です。整合性がないデータは破棄されてしまうのです。すべてのノードが同時に破壊されない限りブロックチェーンのサービス停止はほぼなく、現状実質的には「ゼロダウンタイム」となっています。

P2P(Peer to Peer)と耳にすると違法性があるウィルス等とイメージされると思いますが、P2Pテクノロジーは画期的な通信方法であり、クライアント・サバーと言った概念がない通信方法です。

ノード(node)とは、ネットワークに能動的に接続されている電子デバイス、コンピュータなどを指します。

BitCoin(BTC)とブロックチェーンの関係は?

ブロックチェーンはBitCoin(BTC)誕生過程で開発され、BitCoin(BTC)の取引を記録する分散型台帳を実現するためのテクノロジーです。BitCoin(BTC)以外のアルトコインのブロックチェーンを技術基盤となっていますし、BitCoin(BTC)のブロックチェーンテクノロジーを元に新しいブロックチェーンモデルと進化しています。このテクノロジーが誕生しなかったら、イーサリアム、リップル等の多くのアルトコインは誕生する事はなかったでしょう。

Blockchain Technology

ブロックチェーンのデータを誰でも見ることができる

誰でも見れるブロックチェーン中身

BitCoin(BTC)は、誕生、ジェネシスブロックから現在に至るまで、今後、発生する全ての「トランザクション」(Transaction)がブロックチェーン上に記載されており、インターネット上に公開されています。
BitCoinアドレスにおけるBitCoin(BTC)の移動履歴は、「エクスプローラー」と呼ばれるツールで調べることができます。
銀行の通帳を他人に覗かれている様な気になりますが、ブロックチェーンテクノロジーの大前提は個人情報と連結させない事、ブロックチェーン・トランザクションは意味を持たない数値の集まりでその移動履歴を記録しているだけです。
その移動履歴を誰でも閲覧する事が可能で、その上、書き換えは出来ないのです。

ビットコイン初めてのブロック ジェネシスブロック

ブロックチェーンテクノロジーは成長過程

ブロックチェーンテクノロジーを資産移動の台帳だけのツールとして利用するのは、とても不利益な事です。
ブロックチェーンテクノロジーを利用すればクライアント・サーバーで築かれたインターネット時代から分散型のインターネット時代に進化する事になるでしょう。

すべてのクライアント・サーバーがなくなる事はなく、クライアント・サーバーにも多くの利点があり存続し、ブロックチェーンと共存しさらに進化を続けるでしょう。