CertiKは、DeFiおよびブロックチェーンプロジェクトがAkashを使用してクラウドインフラストラクチャを分散化できるようにします»CryptoNinjas

分散型オープンソースクラウドであるAkashNetworkは本日、大手ブロックチェーンおよびスマートコントラクトサイバーセキュリティ企業であるCertiKとのパートナーシップを発表しました。

このパートナーシップを通じて、CertiKのクライアントは、CertiKの信頼できる製品とサービスに裏打ちされたオンチェーン保護を確保しながら、Akashの許可のない、検閲に強い、低コストのオープンソースクラウドプラットフォーム上でクラウドインフラストラクチャを分散化できます。

同様に、Akash Networkのコミュニティは、CertiKのセキュリティソリューションスイートを活用して、分散型クラウドでの展開とノード操作を保護できるようになります。

CertiKチェーン 開発者にコーディングの保護手段と柔軟性を提供し、開発者や大企業のブロックチェーンの採用を促進すると同時に、ブロックチェーンテクノロジーへの信頼を高めます。

「CertiKでは、Akashが一般的なCosmosコミュニティとブロックチェーン業界全体に対して行ったことを常に賞賛してきました。 私たちは、AkashNetworkが主導するDeCloud運動を真に信じています。 Web3革命に参加するプロジェクトがますます増えているため、CertiKとAkashが協力して、コスト効率が高いだけでなく、人々が利用できる、安全でスケーラブルな真の分散型クラウドを提供するのは正しいことです」と述べています。 CertiKチェーンの責任者であるJayJie氏。

Akash MAINNET 2、分散型ファイナンス(DeFi)、分散型アプリケーション(dApp)、分散型組織(DAO)は、Amazon Web Services、Google Cloud、Microsoft Azureなどの既存の集中型クラウドプロバイダーから、最初の実行可能なAkashに移行できるようになります。市場における分散型クラウドソリューション。 そして今、CertiKを使用すると、監視とセキュリティを重ねることができ、DeCloudに追加の保護レイヤーを提供できます。

「ブロックチェーンサイバーセキュリティのリーダーでありパイオニアであるCertiKと提携して、DeFiおよびブロックチェーンプロジェクトが最先端の監視およびセキュリティテクノロジーを階層化しながらクラウドインフラストラクチャを分散できるようにすることに興奮しています。 一緒になって、Web3の機能を拡張し、開発者がより速く、より多くの自由とセキュリティを、より低コストで構築できるようにします」とAkashNetworkのCOOであるBozMenzaljiは述べています。

Akash NetworkとCertiKは、Pancake Swapのフロントエンドを分散型クラウドにデプロイして、CertiKのクラウドセキュリティ製品であるCertiKShieldによって保護された、検閲に強い無許可のクラウドの機能を実証する可能性も模索しています。資産の紛失または盗難。 DeFiプロトコルとユーザーは、監査に対するヘッジとしてCertiKShieldを活用できます。

Share:

Share on facebook
Facebook
Share on twitter
Twitter
Share on pinterest
Pinterest
Share on linkedin
LinkedIn

Related Posts