Dapper Labsが支援するNFTアバタープラットフォームは、6500万ドルの資金を調達します

デジタルアバターの開発者であるGeniesは、6,500万ドルを調達して、デジタルアバターのNFTマーケットプレイスを構築しました。 フローブロックチェーン Flowの開発者であるDapperLabsを含むいくつかのヘビー級投資家が率いる。

5月3日付けのSECファイリング 明らかにする 最近カリフォルニアを拠点とする会社 閉まっている 投資会社のボンドが主導する6500万ドルのシリーズB資金調達ラウンドと Coinbase Ventures、Tull Investment Group、Breyer Capital、およびDapperLabs。

6,500万ドルは、GeniesのNFTマーケットプレイスの開発に資金を提供する予定です。これにより、ユーザーは、アバターが着用するNFT衣類に加えて、トークン化されたアバターを作成して取引できます。 魔神 期待する 今年の第3四半期中にベータ版でマーケットプレイスを立ち上げる予定です。

資金提供を明らかにするツイートで、Genies 述べました それは、ユーザーに仮想メタバース内で自分自身を表現する手段を提供する、単一の「デジタル世界全体の仮想ポータブルID」になることを望んでいます。

Geniesは2017年にローンチし、当初はアバターを一元化されたソーシャルメディアとメッセージングプラットフォームで使用することを目標としていました。 4月29日、ジニー 発表 Dapper Labsと協力して、FlowブロックチェーンでGeniesマーケットプレイスを立ち上げることになります。

VentureBeatのゲーム部門とのインタビューで、GeniesのCEOであるAkash Nigamは、デジタルイベントやローンチのコンテキストで使用するカスタマイズされたアバターを有名人に提供することを当初計画した後、より幅広いオーディエンスをターゲットにするように移行していると述べました。

Nigamは、このプラットフォームがシンプルで直感的なツールをホストし、6歳の子供が「独自のデジタルウェアラブルと商品コレクションを作成し、それを市場にリリースして大衆に販売する」ことを可能にするだろうと述べました。

3月、ジニー リリース 3月の一連のNFTは、プロサッカー選手のメスト・エジルがアーセナルFCからガラタサライに移籍したことを記念したものです。 トークンはNiftyGatewayでオークションにかけられ、Geniesは518個のトークンをそれぞれ670ドル、つまり約347,000ドルで売り切れました。