Dfinityはついに分散型の「インターネットコンピュータ」を発売しました

何年にもわたる誇大宣伝と期待の末、その作成者が「インターネットコンピュータ」と呼ぶ分散型ネットワークであるDfinityがついに稼働を開始しました。

Dfinity Foundationと呼ばれるスイスを拠点とする非営利団体によって開発されたこのプロジェクトは、2008年に発表され、1億6000万ドル以上のベンチャーキャピタルを調達しました。 その開発者とプロモーターは、新しいネットワークが新しい分散型インターネットの基盤になり得ると主張しています。

「その核となるのは、インターネットコンピュータは、無制限の容量でWeb速度で実行される世界初のブロックチェーンです。分散型で、安全で、スケーラブルなブロックチェーンネットワークを作成することで、「ブロックチェーンのトリレンマ」を解決します」とDfinityのプレスステートメントは述べています。財団。

Dfinityは「アルゴリズムガバナンスシステム」は、独立したデータセンターと特別に設計された「ノードマシン」を搭載します。 財団によると、現在、ネットワークは北米、ヨーロッパ、アジアで1,300ノードを実行している48のデータセンターによってサポートされています。 年末までに、4,300ノードを実行する123のデータセンターがあると付け加えています。

Dfinityの創設者兼チーフサイエンティストであるDominicWilliamsは、BigTechによるインターネットの独占と彼が呼ぶものに対する解毒剤としてネットワークを一貫して売り込んできました。

「10年以内に、より広い技術コミュニティは、インターネットコンピュータがいつの日かソフトウェアを構築するための人類の主要なコンピューティングプラットフォームになる軌道に乗っていることを認識し、「オープンインターネット」はビッグテックのクローズドプロプライエタリシステムよりも優位に立つでしょう」とウィリアムズは述べています。ステートメント。

関連資料