Diginexの暗号交換EQUOSは4月に10億ドルを超える»CryptoNinjas

Diginex、デジタル資産金融サービス 会社、本日、最近開始された暗号通貨取引所EQUOSで、これまでの4月に10億米ドルを超える記録的な総量を発表しました。 期間中の1日の平均ボリュームは、前月の1日の平均ボリュームと比較して3倍以上増加しました。

ボリュームの増加は、EQUOSの最初のネイティブ交換トークンであるEQUOS Origin(EQO)の発売と、多くの主要な機関投資家の参加の大幅な増加によって推進されています。

「取引所の爆発的な成長は、過去数年にわたって構築してきたロードマップを裏付けています。 私たちは、金融機関がこの急成長する新しい資産クラスにアクセスするための実行可能なソリューションを提供することに焦点を当てた会社を長期的に構築しています。 これはほんの始まりに過ぎません。」
– DiginexのCEO、Richard Byworth

EQUOSはオープン以来、スポットオンリーエクスチェンジから進化してきました。 2021年1月にビットコインパーペチュアルを発売、4月にEQOを開始する前に、先月ETHパーペチュアルと追加のコインが続きました。

戦略的投資家であり、EQUOSの主要なマーケットメーカーの1つであるGSRのパートナーであるJakob Palmstiernaは、「より広い市場での取引活動と比較した場合、EQUOSの取引量の伸びは急速でした」と述べました。 GSRは60以上の暗号通貨取引所に統合されています。

Share:

Share on facebook
Facebook
Share on twitter
Twitter
Share on pinterest
Pinterest
Share on linkedin
LinkedIn

Related Posts

2021年に暗号波に乗った有名人

過去数年間の栄光を覆い隠していた暗号エコシステムは、2021年を通して1年間のスポットライトを維持することができました。 主流の採用 ビットコインのBTC)、ミームコイン狂乱 駆動 柴犬(SHIB)とドージコイン(ドージ