Diginexは、暗号通貨取引所EQUOSで1日あたり2億ドルの取引量を記録していると報告しています»CryptoNinjas

暗号資産サービス会社のDiginexは本日、暗号通貨取引所EQUOSの24時間スポットと派生物の合計量が、2021年5月20日に2億米ドルを超え、過去最高に達したと発表しました。過去30日間の取引量は増加しています。 2021年5月4日に同社が30日間のボリュームで記録的な20億米ドルを発表してからわずか3週間で、40%以上が29億米ドルになりました。

機関グレードとして、 規制に焦点を当てた交換、EQUOSは暗号業界に透明性を提供することに取り組んでいます。 Diginexの財務報告は、米国のナスダック上場企業としての義務の一部として監査されています。 EQUOSは、内部のマーケットメイクを許可せず、自己マッチング取引と仮装取引を識別して削除するための厳密なチェックとバランスを備えています。

「EQUOS取引所の主要な流動性プロバイダーとして、取引活動は本物であり、取引量は本物であることがわかります。 EQUOSは急速に拡張されており、これは経営陣の強力な金融工学能力とその設計の成功の証です。 EQOユーティリティトークン。 長期的には、大切なパートナーとしてDiginexと緊密に連携することを楽しみにしています。」
-デジタル資産のマーケットメーカーであるGSRのパートナーであるJakobPalmstierna

Diginexは複数の管轄区域で運営されており、シンガポール、スイス、英国、米国など、世界的に認められた金融センターの複数の規制当局からの監督を受けています。

DigivaultDiginexのグローバルカストディアンである、は、マネーロンダリング規制の下でカストディアンウォレットプロバイダーとして登録するために英国の金融行動監視機構(FCA)から承認を受けた最初のスタンドアロンデジタル資産カストディアンでもありました。

Diginexの上級リーダーは、グローバルな規制機関の監督下で規制対象の個人として働いた数十年の経験をもたらします。 CEOのRichardByworthは、以前は野村のマネージングディレクター(2000〜 2018年)であり、Chi-Won Yoon会長は、アジア太平洋地域の社長兼CEOであり、UBSのウェルスマネジメント担当副会長(1997〜 2019年)でした。

「取引所に内部マーケットメーカーがなく、すべてのボリュームが有効な取引で構成されていることを確認するための堅牢な手順があることを考えると、これはさらに印象的です。 公正で透明性のある取引体験を提供するという当社の取り組みは、機関投資家向けの製品およびソリューションとともに、長期的には取引量を増加させ続けるでしょう。 当社の交換ユーティリティトークンEQOは、ボリュームと顧客獲得の両方の増加に大きく貢献しています。 EQUOSで取引されるトークンの価格は、最近の暗号通貨価格の低迷時に回復力があることが証明されています。これは、取引所での取引量を促進し、取引所での取引とトークンの保持に対して顧客に報酬を与えるように特別に設計されたEQOの独自の構造を検証します。」
–Diginex CEO、Richard Byworth

Share:

Share on facebook
Facebook
Share on twitter
Twitter
Share on pinterest
Pinterest
Share on linkedin
LinkedIn

Related Posts

2021年に暗号波に乗った有名人

過去数年間の栄光を覆い隠していた暗号エコシステムは、2021年を通して1年間のスポットライトを維持することができました。 主流の採用 ビットコインのBTC)、ミームコイン狂乱 駆動 柴犬(SHIB)とドージコイン(ドージ