Digital Currency Groupは、製品が割引価格で取引され続けているため、5億ドル相当のGBTC株を購入する予定です。

グレイスケールの親会社であるデジタル通貨グループ(DCG)は月曜日、5億ドル相当のグレイスケールビットコイントラスト(GBTC)株を追加購入する計画を発表しました。

ザ・ 新しい計画 DCGのそのような購入の制限を最大7億5000万ドルに引き上げます。 3月、同社は 前記 最大2億5000万ドル相当のGBTC株を購入することになります。

4月30日の時点で、DCGは1億9,350万ドル相当のGBTC株を購入したと述べました。

追加の購入プランは次のようになります GBTCは、ほぼ3か月間割引価格で取引を続けています、つまり、その株式の市場価格が純資産価値またはNAVを下回って取引されていることを意味します。

自社株買いは、発行済み株式数を減らしながら同時に需要を創出することで自社株の価格を上げようとしている企業にとって一般的な戦略です。

GBTCの現在の割引は約10%であり、市場での競合製品など、いくつかの要因が減少の背後にあります。 ブロックが先月報告したように。

継続的な割引により、最近、GBTCをかなり保有している投資運用会社であるマールトンが次のように書いています。 グレースケールへの公開書簡

市場の専門家は最近、GBTCをビットコインETFに変換することがグレースケールの最良の選択肢の1つであるとTheBlockに語った。 実際、同社は先月、転換に「100%コミット」していると発表しました。 それでも、米国の規制当局は、国内のビットコインETFと証券取引委員会をまだ承認していません。 最近遅れた VanEckから提案されたETFに関する決定。

関連資料