ECBはインフレが2%に達するまで金利を引き上げません»Finex.cz

投稿4.8。2021 at 08:00

欧州中央銀行の現在の方針は何ですか? それはまだヨーロッパ経済を支えますか? この記事では、2021年、2022年、2023年のユーロ圏のインフレ率の見積もりも提供しています。また、金利やインフレなどのマクロ経済パラメーターを監視することが重要である理由についても学びます。

金利は記録的な低水準を維持

欧州中央銀行は去りました 過去最低の0%の主要金利。 資産の購入も同じままです。 PEPP(緊急パンデミックプログラム)は現在1.85兆ユーロ(約47.5兆クラウン)を自由に利用でき、その有効性は少なくとも2022年3月までです。

ECBは 関心度 欧州経済への支援は、記録的な低水準でずっと長く、したがってずっと長く続くでしょう。 この非常に緩い金融政策により、ECBはユーロ圏で2%のインフレ成長を達成します。 中央銀行家の要件は インフレーション この値でそれはより長く続きました、すなわち。 中期的にも。

リジコバリアントコロナウイルスデルタ

ECB総裁-欧州中央銀行-クリスティーヌラガルドECBのクリスティーヌラガルド総裁は、中央銀行は引き続き欧州経済を支援することを強調しています。 コロナウイルスデルタのより伝染性の高い亜種。 特に、依然として重大なリスクがあります のリスク などの業界 観光 NS おもてなし

ECBは、そのプログラムを通じて欧州経済を支援しています 定量的放出 債券を買うことによって。

インフレーション

6月のユーロ圏のインフレ率は1.9%でした。 5月の2%から0.1%の減少がありました。

ラガルドはそれを強調した ECBの金融政策措置 それらは経済が大幅に回復するのを助け、最終的にインフレは2%の目標に達するでしょう。 大統領は、記録的な金利を維持するという合意は理事会で全会一致ではなかったが、それでも決定はあったと付け加えた。 圧倒的に承認された

ECBは金融戦略において、中期的にインフレ目標を2%に引き上げました。 これは2%の対称値です。 対称値は、2%のターゲットからの下方および上方への偏差が等しく望ましくないことを意味します。

2011年以降金利は上昇していない

過去10年間、ユーロ圏のインフレ率は2%を下回っています。 2020年以降(コロナウイルスのパンデミックの発生以来)、インフレ率は2%を大幅に下回っています。

ECB当局者からのこの新しい報告書は、ユーロ圏(2011年以来非常に低い)の金利上昇への期待を再び将来に押し上げています。 そしてこれら 期待 ユーロ圏への現在の投資に関して、市場と投資家にとって最も重要です。

ロイターは、金融市場は少なくとも3年間は金利が上昇するとは予想していないと報告した。

結論

投資家は、ユーロ圏で予想される金利上昇がさらに先に延期されることを注意深く見守っています。 現在の状況ではありませんが 期待は金融市場にとって最も重要なパラメーターです。 また、予想される利上げが延期されたため、アナリストは欧州株式の前向きな進展を期待しています。

Related Posts