EIBはイーサリアムブロックチェーンでCBDC建てのデジタル債券を発行します

欧州連合の貸付部門である欧州投資銀行(EIB)は、 発表 水曜日、イーサリアムブロックチェーンで史上初のボンドを発行した。

発行された債券 昨日は、1億ユーロ(1億2,100万ドル)の価値があり、2023年4月28日に満期を迎えます。アンダーライター(債券を購入することでリスクを負う者)からのお金は、イーサリアムのパブリックブロックチェーンで中央銀行デジタル通貨(CBDC)として表されます。

投資銀行のゴールドマンサックス、バンコサンタンデール、ソシエテジェネラルは、フランスの法律に準拠する債券の売却を監督します。

「EIBのイノベーションは、私たちがサポートしているプロジェクトを超えています。 グリーンおよびサステナビリティ債券市場のグローバルリーダーとして、EIBは、ブロックチェーンでのデジタル債券の発行において現在の道をリードするのに明らかに適しています。 これらのデジタル債券は、世界中のプロジェクトの資金調達を後押しするために、銀行が代替の資金源に迅速かつ合理的にアクセスできるようにする役割を果たします」とEIBの副社長であるMourinhoFélixは声明で述べています。

EIBによると、このような債券のデジタル化によるメリットには、固定費と仲介業者からのコストの削減、市場の透明性の向上、決済速度の高速化などがあります。 EIBのモウリーニョ・フェリックス副総裁は声明のなかで、「これらのデジタル債券は、銀行が代替の資金源に迅速かつ合理的にアクセスできるようにする役割を果たし、世界中のプロジェクトの資金調達を後押しする」と述べた。

関連資料