ETHとBTCの需要が横ばいになると、機関投資家はソラナに群がります

イーサリアム(ETH)とビットコイン(BTC)のエクスポージャーの需要が横ばいになり、機関投資家はソラナ(SOL)に群がり、SOL投資商品は先週の毎週の総流入暗号投資商品のなんと86.6%を占めています。

CoinSharesの9月14日号によると 毎週のデジタル資産資金の流れ、 ソラナ(SOL)投資商品 9月6日から9月10日までの間に4,940万ドルの流入。 暗号投資商品の合計流入額は1週間で5,700万ドルに相当し、SOLでは週ごとに275%の増加が見られ、総流入額の86.6%に相当します。

ソラナ製品への急増する流入は、 SOL獲得の価格 同期間に36%。 レポートは次のように結論付けました。

「価格の上昇と流入の組み合わせにより、ソラナの運用資産は現在、すべての投資商品の中で5番目に大きい9,700万ドルになっています。」

デジタル資産商品は現在、 4週連続、アルトコインの需要は、20万ドルの最小限の流入しか見られなかったBTC製品の欲求を大幅に上回っています。

原資産の価格がその週に10%下落したため、機関投資家が630万ドル相当のEtherエクスポージャーをオフロードすることによって流入も部分的に相殺されました。

カルダノ(ADA)の待望にもかかわらず スマートコントラクトの導入 9月13日、機関投資家のフローADA追跡製品では、前週と比較して流入が46%減少しました。

マルチアセット製品であるリップル(XRP)、ポルカドット(DOT)、ビットコインキャッシュ(BCH)も、それぞれ320万ドル、310万ドル、170万ドル、60万ドルの資金流入を記録しました。

関連している: ファイナンスの再定義:DeFiの400万ドルのロブスターとソラナゲーム、9月6〜10日

CoinSharesの見積もりによると、機関投資家の資産運用会社は現在、合計563億ドルの合計AUMを表しています。これは、より広範な暗号市場が全面的に後退したため、前週と比較して9%の減少を示しています。

フローは資産運用会社間でまちまちで、CoinShares XBTとPurposeファンドはそれぞれ2,470万ドルと4,550万ドルを流し、21Shares、ETC Group、CoinSharesはそれぞれ7,500万ドル、1,300万ドル、610万ドルの資金を流入しました。

機関投資家のトップマネージャーであるグレースケールは引き続き支配的であり、AUMセクターの74%を占め、418億ドルでした。

グレースケール 発表 9月13日、オルタナティブアセットフィンテックプロバイダーであるiCapital Networkとのパートナーシップ。この取引により、iCapitalのアドバイザーは、多様な時価総額加重投資戦略を通じて、同社の高額顧客にグレイスケールのデジタル資産サービスへのアクセスを提供できるようになります。