FBIアラートは、ビジネスメール侵害詐欺での暗号の使用の増加を引用しています

4月13日によると、連邦捜査局のインターネット犯罪苦情センター(IC3)は、2018年から2020年にかけて暗号通貨に関連するビジネス電子メール侵害の苦情を受け取りました。 アラート

インターネット犯罪の被害者が連邦捜査局に苦情を申し立てることができる情報センターであるIC3は、暗号関連のビジネス電子メール侵害(BEC)詐欺には主に2つのタイプがあると述べています。 1つは、ハッカーが被害者のアカウントから暗号通貨取引所に直接資金を送金することです。ハッカーは、関連する暗号ウォレットを制御します。 2つ目は「セカンドホップ」転送と呼ばれ、BEC被害者の資金が、詐欺師が詐欺を働いた2番目の被害者によって確立された暗号ウォレットを満たします。

IC3データは、BECの苦情が2018年の5件未満から2020年には20件に増加したことを示しています。 レポートによると、「受け取ったデータに基づいて、IC3はこの傾向が2021年まで続くと予想しています」。

2020年の暗号ベースのBEC詐欺により、1,000万ドル以上の資金が失われました。また、暗号BEC詐欺には、IC3に報告された他の種類の詐欺と比較して高い平均ドル損失が含まれています。

関連資料